アメリカのご飯は本当にまずいの?

「アメリカ人とイギリス人とオーストラリア人の味覚は死んでいる。なぜなら全員、ルーツがイギリスだから。」

と確かヘタリアで読んだ。

私はアメリカ、イギリス、オーストラリア、すべてに3ヶ月以上滞在した経験がある。アメリカに至ってはSFとLAにオフィス作ってしまったので強制的に住んでいる。

留学先のオーストラリアのご飯は非常に・・・素材の味を生かしたシンプルな調理法で、肉も野菜もとりあえず焼いて塩コショウ、もしくはケチャップとマヨネーズ、done。繊細さはない。(メルボルンは例外らしい)人口密度が低くてまともな店がdowntownにしかなく、自炊ばかりしてた記憶。

イギリスも厳しい。これはヒースロー空港で食べた「おでんラーメン」である。Microsoft起業支援プログラムでロンドンに住んでいたが、きつかった。なんというか土台のレベルが低いのだ。おしゃれな店は多いのにパンが干からびてたり、麺が伸びてたりする。そしてそれに誰も疑問を感じていない。

もちろん、どこでも「ちゃんと」お金を払えば「ちゃんと」したものは食べれる。(食費はだいたい日本の1.5~2倍)一流レストランはどこも一流だ。

だけど・・・日常的にちゃんと美味しいものが食べたいじゃないですか!!
ランチ2000円くらいで!

この1年で私は3回、ランチで感動した。

3回のうち、2回がロサンゼルス。

銀座の鮨やでも京都の割烹でもなく、ロサンゼルスのハンバーガー屋と中華料理屋。それがこちらです!

『UMAMI BURGER』

アメリカに住むようになっていろんなバーガー食べたが、味にびっくりした記憶が残っているのはこれだけだ。肉汁とカリカリに焼いた濃厚チーズが渾然一体となって・・・なんというか・・・絶対に中毒性物質が入っている・・・コカコーラとか、二郎的な・・・!これがUMAMIか・・・?!という感じ。

日本をフィーチャーしているようで椎茸やゆずなど日本食材がふんだん盛り込まれている。先月作ったLAオフィスと同じビルに入っているのでアホほど通ってしまうと思う。危険すぎる。20店舗くらい展開してるのでLAのどこかで是非。

『Pine&Crane』

ここから私の長い麻婆豆腐ブームが始まった・・・。
偶然E3(展示会)の都合で宿泊したAirbnbの近くにあった台湾料理屋。店の雰囲気はおしゃれだが、ぐつぐつの土鍋麻婆豆腐と白米のコンボがすごいドカタ系破壊力。本場の尖りすぎた味と日本人好きする甘い味のいいとこ取りで、刺激的なのにまろやか。Best Mapo Tofu in LAでよく出てるみたい。

この味を日本でも探し求め麻婆豆腐を巡り歩くも未だ見つからず・・・体脂肪ばかりが劇的に増える。麻婆豆腐はbulletproof diet殺しだ・・・。なお、東京でのMy Best 麻婆豆腐は雲林坊。いいところあったら教えてください。

というわけで、私の中では、アメリカご飯大丈夫!!

オーストラリア<イギリス<<<<<<<サンフランシスコ<<ロサンゼルス

という感じ。特にLAは本当に食べものが割安で美味しくてありがたい。サンタモニカ〜ベニスビーチあたりが好き。みんなやたらおしゃれなので気を抜いた格好で行けないのが辛いとこだけど・・・。

はて・・・もしかして自分、山椒とか、うま味とか、肉汁とか、中毒性のあるものに弱いだけな気がしてきた・・・。

あの・・・湯豆腐とかも・・・好きです・・・。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

31

小島 由香

お気に入り

コメント8件

オーストラリアは海水産のワニが、鶏みたいな味で美味しかった記憶が笑。数か月アメリカに住んでいた時は、あきらめて全部自炊してました・・・笑
自炊最強ですよね
おでんラーメン、笑いました(笑)
雲林坊は、汁なし担々麺のマイbestです。
麻婆豆腐は、こちら。移転してからは、行ったことがないですが…。
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13209971/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。