マチルダの現在、そして未来のユーザーへ

「子育て家庭のミールシェアサービス」であるマチルダα版を始めてから一昨日で2ヶ月がたちました。

こどもの食事=安全命なのでクローズドでゆっくりとひっそりとやっておりますが、徐々に紹介でユーザーが増えてきました。ありがたいです。

「マチルダはどんなサービスなのか」「マチルダは何を目指しているのか」をタイトルの通り、現ユーザーそして未来のユーザーに改めて伝えたいと思い、今回noteを書くことにしました。
私の思いなど関係なく皆さんがマチルダを利用するのは当たり前のことでかつありがたいことなのですが、可能な限り想いを共有できたらこれ以上のことはないので、是非読んでいただきたいです!!!

マチルダとは

マチルダのミッション: みんなで子育てをする社会をつくる

マチルダの解決したい課題: こどもの夕食作りが大変で、子育て家庭の食卓が豊かで楽しくなくなってきていること

(マチルダのサービスイメージ。現在はLINE@で運営中です!)

「子育て家庭のミールシェア」を通じて目指したい世界

「子育て家庭のミールシェア」を通じて目指したいことは、とにかくマチルダのミッションである「みんなで子育てをする社会を作る」ことで、かつ、その先には「愛に溢れるこどもばかりの世の中」があります。(詳しくはこちらのnoteに書いています!)

もちろんユーザーの皆さんは「お惣菜が宅配されるサービス」「UberEatsよりこどもにあげたい宅配サービス」という感覚で使ってもらって良いんです。
でも、何回も使ってもらうことによって

「あ、もう春だから今日のメニューは春キャベツを使っているんだね」

とか

「このサポーターさんのご飯が一番うちの家庭にあうから、また〇〇さんのを頼もうか」

という会話がご家庭で生まれて、社会や地域との繋がりを感じてもらえたら….マチルダが目指す世界に一歩近づくことができるな…と思っています。

ちなみに、現在マチルダには5人のサポーターさんがいますが、マチルダのご飯を食べてくれている子供達を「マチルダキッズ」と呼んでいます。
サポーターさんのグループLINEでの会話を一部公開….!こんな想いで作ってくれています。

「シンプルに、マチルダキッズが毎日食べるのが楽しくなってくれて、健康で風邪ひかないで欲しい‼︎基本は、それだけですよね」
「みんな、幸せの感じ方は違うけど、きっと美味しいものを食べてる時こそ幸福を感じることも多いだろうから、子どもの時に多くの食と出会って、食の楽しみをもっと知ってもらいたいな〜。
きっと、脳も身体も育ち盛りの時だからこそ、健康で楽しい食卓が大切なんだろうな…それを、みんなで助けあいながらやっていけたらいいんだろうな…
マチルダキッズもサポーターもみんなが、幸せな形になるようにしていけたらいいな😊」

今後のマチルダ

私は新しいものや新しいサービス、新しい価値観が好きな一方で人付き合いは得意ではなく、ご近所付き合いとかおすそ分け文化とかは元々苦手としていました。

なので、マチルダを通じて昔ながらのご近所付き合い、おすそ分け文化を復活させたいわけではありません。

ただ、仕事と同じく子育ても親が全てやることではなく、いろんな人が各人のスペシャリティを生かしながらみんなが子育てに関わって、子供に愛情を注いでいった方が、優しい世界になると思うんです。

オンラインだけの繋がりでもないし、リアルだけの繋がりでもない。
「食事」を通じて、新しい「令和」の時代に新しい子育ての繋がりを作りたい、そう思っています!!!

今後のマチルダですが、しばらくはLINE@で現地域(勝どきエリア、日本橋エリア)で活動を続けていきながら、少しずつ地域拡大&webサービス化を進めていく予定です。4月後半にはサービスのランディングページを公開予定なので、是非ご近所のお知り合いにご紹介いただければと思います!!!

また、

・サポーターさんご家庭での体調不良で当日に注文がキャンセルになる
・夏場が近づくにつれ、使える食材に制限が出て献立のレパートリーが限られてくる
・衛生的に大量調理ができないため、提供数に上限があり売り切れてしまう

等ご不便をおかけすることも今後出てくるかと思いますが、マチルダは何よりも「安心・安全」を第一に運営していきます!!!

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。
ちなみにフィードバックやご意見は、厳しいものも優しいものも、ユーザーもユーザーではないけど興味があるという方も、どんどんどんどんお待ちしております〜

(マチルダで提供してきたおすそ分けの写真✨)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2019年、いい年になりますように!
10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。