ときどき短歌 ② 〜映画「ファースト・マン」によせて。

引きかえすことなどできぬ熱の圧たしかめ乗り込むアポロ計画

ごうごうと響くは自分の呼気ばかりざらめく孤独は耳元にある

台形の透明ごしにくるくると色を変えてくちいさな世界

米国と世界を背負いし不甲斐なき後ろ姿を煙で殴る

そばに見る還らぬ夫を持つひとの眼の奥のいろ「次は自分か」

散り咲いた同志の猛きなきがらを胸に抱きて高度を睨む

極まれり無音の果てに拓けてる焦がれつづけたあの場所に立つ

夢の地の夢のひろばで駆けまわる愛しきカレンよ しあわせであれ

偉大なるキャプテン・アームストロング 果てなき未知追うあなたは宇宙

肩寄せし長月の列に馳せながらひとりで月面着陸をみる

終わりかたが綺麗すぎなくて良かった。さすがはララランドをつくった監督さんやなあ、とおもわず嘆息いたしました。好きです。


#短歌 #映画 #ファーストマン #コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

優香

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。