P&Gのパフォーマンスマーケティングについて

P&Gのパフォーマンスマーケティングについて。

SK-IIでは、検索とソーシャルへの投資が中心
P&Gはインハウスでのメディアプランニングと分析、運用型広告を導入している
「パフォーマンスマーケティングによってデータを入手し、消費者への売上を最大化するための投資ができる。これは当社全体でスキルアップさせるべき分野だ。パフォーマンスマーケティングの力をつけつつあるのは間違いないが、さらに多くの社員のスキルアップが必要だ」


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!モチベーションが上がっております!
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。