シティリーグ埼玉 ベスト16 レシラムリザードンボルケニオン

こんばんは!
今回は、3月23日に埼玉の加須で行われたシティリーグ3にてベスト16の成績を残したレシラムリザードンについて解説したいと思います。


1.当時の環境でのレシリザの立ち位置

本番の前の週にシティリーグ大阪で、ズガドーンが結果を残し、それに有利なゾロアークがまずは台頭してくることがまず考えられました。
自主大会では、バラマキ性能と炎への牽制力のあるゾロアークジュゴン、ヒエクでサイドを有利交換できるゾロアークギャラドスが結果を残しており、毎週メタゲームが入れ替わるような印象を持ちました。
しかし、それらを押しのけ各地でトップに輝いていたのはピカチュウ&ゼクロムと、混沌を極める環境になっていたのは間違いないです。

tier 1・ゾロアーク系統・ピカゼク・ズガドーン

この3つを構築単位で同時にカバーできるデッキは基本的に存在せず、上の2つに弱いズガドーンを握る人は減るのではないかと想定した上で対策デッキを練りました。

気づきがあったのは、練習仲間とのフリー対戦でした。

僕がルガゾロカウンター(ホワイトキュレム)を使用していて、相手はレシラムリザードンを使用していました。

こちらは、ヤドキングなどの対策カードまで詰んでおり取引と合わせて自由に動き勝ったのですが、このプランはある1枚のカードによって崩壊することに終わってから気づきました。

急いでツイッターのゾロアークのレシピを調べてみると、スタジアムが多くて2、ブロアーが1か0、マーシャドー(リセットホール)が1か0、平均しても3回ほどしかスタジアムを割る手段がなく、相当手札が揃ってないと狙ってはできないと判断しました。ジャッジマンと合わせて使うと相手のペルシアンの特性を封じた上でターンが返ってくることが多く、環境に刺さると確信しました。

さらに、ピカゼクにもこのスタジアムが重くのしかかることは確かで、先行ならブルーでこのカードを持ってくると基本相手は苦しい動きをせざるを得なくなり、レシリザの270の耐久を1回の技で越えることはエレキパワーの噛み合わせが余程良くない限り不可能であり、練習でも6回負けなしでした。

そして、次に多いジラーチサンダーウルトラネクロズマに関してです。

tier2・ジラーチサンダー・ウルトラネクロズマ

ジラーチサンダーには基本的にボルケニオン2体、レシリザ2体のサイド8枚戦で戦います。ボルケニオンは120の耐久があるのでエレキパワーの枚数を誘った上でレシリザの270の壁を押し付けて逆鱗を打っていきます。発電所とジャッジマンでカプ・コケコGXを止めていれば基本的に有利なマッチアップです。

ウルトラネクロズマには、残念ながら不利と言わざるを得ません。ギラティナで後ろのレシリザに1点を乗せられた途端に、130+130+10、260+10で倒されてしまいます。しかし、この10を避けることでサイドを取られるターンが1ターン伸びることに注目して

このカードを入れました。本当にお守りみたいなものなので、空いた枠にちょろっと入れたくらいのカードです。

しかし、ジラーチサンダーはゾロアークに入っているアローラベトベトン、ウルトラネクロズマはペルシアンが重く、予選では当たっても1〜2回程度だろうと予測していました。なので、練習回数としてはそんな多くはやりませんでした。

以上の点から、tier1は2つ、tier2では1つのデッキに対して構築時点で有利を取れているレシリザを煮詰めることに決定しました。

2.構築について

無人発電所を中心に構築することに決まり、テテフGXやデデンネGXが抜けていき、ポケギアでブルーに触るために、ジラーチも抜けて、ボルケニオンウインディエンニュート、様々な形で試しました。

結果、初動の安定性と中盤の持続性を加味してボルケニオンとレシリザのみでポケモンを固めることが決まりました。

本番のレシピ

ボルケニオンとレシリザを倒された後に追加して場に出すことで、サイド7〜8枚を取らせることを強要できるので、粘り強いプランを立てられるのがこの3ー1構築の強みです。

そして、ゾロアークやピカゼクに万が一サイドを先行された時に、手札を流しつつエネルギー加速をするために

このカードを使うことで逆転できるチャンスを得られると考えて2枚投入しました。

次に、自分、相手のジャッジマンで止まらないために

ダート自転車でデッキの回転力を上げました。

そして、ジラーチサンダーのマッシブーン、ウルトラネクロズマのギラティナなどの130のポケモンをボルケニオンで処理するために

ククイ博士を入れました。ゾロアークをGX技200+ククイ20→220、ミラーで230+こだわり30+ククイ20→280で突破できるケースもあるので、必須級のカードだと思いました。

構築に関して特筆するべき点は以上になります。
では、本題の対戦レポートにいきましょう!!

3.対戦レポート(予選)

1戦目vsエルフーンゼルネアスフーパユニット⭕️ 後攻
サイド:3対0

勝因:ジャッジマンが効いた

お相手、リーリエで前エネ付きモンメン、ゼルネアスのみ。自分は前ボルケ、裏レシリザでジャッジマン。そのまま通して種切れで勝ち。ジャッジマンでブルーを引いて発電所も貼れた。調子が良すぎますね。


2戦目vsゾロジュゴン⭕️ 後攻
サイド:6対1

勝因:無人発電所

相手パウワウスタート。やばい。こちらボルケスタートで、次はデュアルブリザードされるので恐らくこのターンのみの命。マリガンを3枚あげていたが、せせらぎの丘とメタモン出してエンド。自分は前ボルケ、後ろボルケとレシリザ。相手が事故ってると判断して、速攻でブルーで発電所持ってくる。次のターンデュアルブリザードでボルケが落ちて、レシリザに6点乗るが、それが幸い逆鱗の起点になり、ジュゴンを倒した後は無限に裏の小物を逆鱗で食って勝ち。


3戦目vsゾロジュゴンベトン⭕️ 先攻
サイド:6対4

勝因:無人発電所と後半に相手のジャッジマンが2枚切れていたこと。

こちらボルケスタートで、ネストでレシリザ出して溶接工から入る。
相手、ゾロアスタート。ハイパーとネスト、テテフリーリエ込みで4体くらい並べてエンド。グズマを引いていたので、サイドプランを楽にするために、最初にGX技でカプテテフを倒しにいく。次のターンにジャッジ飛んできてゾロアークのこだわりライオットビート150で前が殴られるが、何とかネスト引いたのでレシリザを後ろに置いてジャッジで返す。そこで無人発電所を置いてゾロアークを倒してエンド。返しは相手動けないだろうと思っていたら、ジュゴンの尻尾で叩く60×2→120で丁度落ちる。ヤバイ。ただ、相手の手札は1枚だったのでそれ以降動けないと予測して、ブルーでグズマと溶接工を持ってきて、山札の圧縮も兼ねてフレアスターターでレシリザに加速。相手はグズマ尻尾で叩くでこちらのレシリザに120ダメージを乗せる。穴抜けの紐を使いレシリザを守り、相手はカプ・コケコを出してきたが、こちらは溶接工でレシリザを加速して、あえて技を撃たずにエンド
(理由としては、既に相手のジャッジマンが2枚切れており、高熱爆破前をで倒したらベンチに空きがてきてしまい、マーシャドーで破れかぶれをされて、グズマが流される恐れがあったため。友達手帳は無人発電所下なので考慮しなかった。それよりも次のターン勝つほうが大事だった。)
次のターンでリーリエを引かれるも相手が尻尾で叩くで前のボルケニオンを倒してエンドだったので、グズマデデンネ、フレアストライクで勝ち。


4戦目vsゾロギャラ❌ 後攻
サイド:3対6

敗因:序盤で発電所を貼れなかったこと。

お相手コイキングスタート。二子玉手張り、裏にメタモンゾロア並べてエンド。
こちらはボルケニオンスタート。裏にレシリザ。フレアスターターで加速して、ヒートファクトリーを使ってエンド。溶接工はジャッジ対策で敢えて使わずに手札に残しました。(サイドに2枚落ちてたため。)次のターン相手のジャッジで手札が流されて、ライオットビート120で前のボルケが倒される。こちらは、ネストとブルーを引いてたのでファクトリー使用後にブルーを使って無人発電所とこだわりハチマキを持ってくる。(溶接工はサイドから引く読み、先に盤面作られてる時点でそもそも不利なので勝負に出る場面と判断した。)ゾロアークをGX技+こだわり230で倒して、相手はコイキングから進化したこだわりハチマキ付きのギャラドスを出す。コイキングはトラッシュに2枚あったが、それでも打点は260なので耐えて逆鱗なり、穴抜けフレアストライクなりするつもりだった。

、、、がここからショーが始まる。
相手、無人発電所辛そうにしながらククイ博士。何も引けない様子。次に破れかぶれ。ブロアーで発電所割られて、取引、トリプル加速エネ!!!
300ダメージでレシリザ気絶。凄い。
こちらは、ボルケニオン前に出してブルーでマチスとジャッジマン持ってきてフレアスターター。マチスはいいとして、相手の妨害をするなら発電所貼って圧縮するべきだった。反省。
相手は裏にコイキングを置きつつ、、、
ジャッジマン!
相手は倒してもサイド差的に旨味がなかったため(残りサイドが2枚)、ボルケニオンは倒されずにターンが返される。こちらは、変わらずフレアスターター。次のターンにグズマで二子玉ゾロアークに裏のレシリザを殴られるが、こちらが打ったジャッジマンで無人発電所貼りつつフレアストライクで処理。
相手のトラッシュに加速エネルギー1枚、二子玉4枚あったため、引けないことを祈るしかなったが、
相手勇気のギャラドス前。相手がドローすると、、、
「「トリプル加速エネルギー!!!」」

僕も拍手してしまいました。握手もしました。これがポケモンカードです。めっちゃいい勝負でした。


5戦目vsピカゼク⭕️ 先攻
サイド:6対0

勝因:相性と無人発電所

ブルー発電所で勝ち。優勝者さんのレポに載ってる通りの内容です。


6戦目vsルガゾロマシャリキ ⭕️ 後攻
サイド:6対3

勝因:**後攻2ターン目でグズマを引けたこと。無人発電所。 **

先行で相手のゾロアがユニットとこだわりハチマキ付けて、原野込みのトリックスター270を狙ってることを察する。さらに、リセットホールまで用意されて、スタジアム張り合い合戦で後手を取る。勝ち方を練習してきてる感じだなぁと思った。こちらは、ブルーでヒートファクトリーを貼り、リセットホールを誘う。火打ち石打って、エネを落としつつフレアスターターでエンド。返しに原野張り替えジャッジマンが飛んできて吐きそうになったが、なんと、こっちがグズマを引いてしまう。相手はエネを引けずに前がゾロアークのままエンド。ドロー。エネ引かず、ダート自転車に全てを賭けると、、、
「「炎の結晶UR!!!!」」
桃太郎(そのカードを当てたショップ名)に感謝🙇‍♂️
火打ち石で落としたエネルギーを回収して、グズマフレアストライク
返しでカウンターゲインのリベンジが飛んで来るが、ゆうて倒れないのでブルーで発電所と後続のレシリザ持ってきて手張り。逆鱗でターンを返す。発電所がリセットホールで剥がされるが、相手はユニット引けなかったようで、後ろのゾロアークにダブル無色を貼ってエンド。こちらは溶接工で裏のレシリザも完成させて、逆鱗。残りサイド1枚になったので何しても勝ちの盤面。が、僕はなぜか残りサイド2枚と勘違いしてしまい、舐めプみたいなことしてしまう。スラッシュバックでレシリザが倒されてアブソルが出てくる。これは穴抜けの出番だな!ボルケニオン前で!ポケギア!ブルー!
穴抜けで、、、
「前倒せば終わりですよ(^^)」
あっ、、、
今日はじめての本格的プレミ。まじで気をつけます。すみませんでした。

と!!!!
そんなこんなで5ー13位通過できました!!!パンパカパーン!

今まで、トーナメントに上がりはするものの、一度もそこから勝ったことはありませんでした。
その壁を突破する絶好のチャンス。
対戦相手はピカゼクとの情報が入り、運まで味方してくれてると感じ、気を引き締めて決勝トーナメントに臨みました。

4.トーナメント1回戦目

トナメ1戦目 vsピカゼク❌ 後攻
サイド:3対6

敗因:事故。満タンの薬を入れるべきだった。

相手デンジ。こっち事故だが、フレアスターターでレシリザに加速はできる。相手デンジ。エレパ1枚トラッシュ。こっち事故。相手ジャッジマン。正直助かった。相手マウンテンフルドライブ。こっちブルーでこだわりとネストで後続のレシリザ。返しのターンはタッグボルト290か、追加効果で狙撃170のどっちかの読み。つまり、サイドを3枚取られるか、取られずに前と後ろにダメージをおう読み。前倒す。相手エレパ2枚。ジャッジマン。お、こだわりハチマキ引いた。前に290、裏に170で!
はい。マチス引かなかったし、満タン抜いたから負けかな。ブルーネスト穴抜けでレシリザ守りつつトップマチスにかけよう。相手デデチェンジ。グズマで負け。

------

まぁ、こんなもんです笑
ピカゼクとの対戦はもっとやっておくべきでしたね〜
予選は構築段階で対策できてたため、比較的楽にプレイできました!

------

僕のシティリーグの結果は以上になります。ご質問等ありましたら、ぜひコメントなり、ツイッターでご報告いただけると幸いです。

練習してくれた方々、対戦相手の方々、運営のみなさん、ジャッジの方々、応援してくださる方々に感謝です!!!

何より、原案を作ってくださったシティリーグ茨城準優勝の方、チューンナップまでしてくれた埼玉で予選1位通過をされた方に感謝!!!!

今後のチー助、もといチムチーの活躍をご期待ください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。