#わたしの心を動かした作品2018 ③展示編

今年はかなり展示に行きました。
その数127本。
そもそもそんなにやってるもんだったんですね!
その中でも素晴らしかったものをいくつか。

◯谷川俊太郎展

ご存知谷川俊太郎の展示です。
言葉の力が本当にすごかった。
撮影禁止ゾーンだったので写真がないですが、
中村勇吾、コーネリアスのインスタレーションが本当にすばらしかった。


◯西本喜美子|遊ぼかね

89歳のおばあちゃんが自撮りで作ってる作品。
89歳というポテンシャルを活かしに活かしている。
80歳くらいで写真を始めたらしい。
やりたいことを始めるのに
年を取りすぎるということはないのだなと思った。

◯ヨシダナギ展

アフリカの民族を取り続けている女性カメラマンの展示。
もうとにかくかっこいい。
色彩感覚ヤバすぎ。現地民に入っていく度胸もヤバすぎ。本人が美人なのもまたズルい。
ポストカード爆買いした。

◯中村佑介展

アジカンのジャケットなどをやりつづけている中村佑介さんの展示。
会場でずっとアジカンが流れててとにかくエモすぎて死んだ。
女の子はかわいいし、配色も素晴らしいし、じっくり見てしまった。

◯ダニエルアーシャム展

流線の美しい彫刻をつくる芸術家の展示。
布のたれ方やら勢いが本当に素晴らしい。
これが石膏?でできていること、写真だとわかんないですよね。。

◯ミルチャカントル展

メゾンエルメスでやっていた展示。
この1つ目のインスタレーションがとにかく最高だった。
誰かが部屋に入るとそれでシャリーンと鳴るインスタレーション。
入った瞬間「なるほど、自分が鳴らしたのか!」と思い、
その後人が入ってくるのがとにかく楽しみになる。
インタラクティブど真ん中だった。

◯東信|戦争と花

その名の通り戦争と花についての写真展。
トップの写真は、フランスのテロで空いた穴に花が刺されていた写真。
絶望的な風景と、
その中で生命力が溢れている花のコントラストがとにかく美しかった。

◯音のアーキテクチャ展

またしても中村勇吾、コーネリアスコンビの展示。
もうすべてのモーションがかっこよかった。
21_21をブチ抜きで使うレイアウトも最高。
個人的には5, 6番目のぬるっとした動画がすごい好きだった。

◯ジョジョ展

このためにジョジョ全部読んだ。
撮影できるエリアは限られていたけど、
投稿に入れたこのシリーズとにかく素晴らしかった。
ジョジョにはハマりきれなかったけど、
絵の美しさは覚えてしまったなあ。

◯にんげんレストラン

chim↑pomの展示。
取り壊しになる歌舞伎町ブックセンターで行われた、
「人間を展示する」展示。
スチールウールをとにかく吹き続けている人がいたり、
その場に住んでる人がいたり、
死刑囚の最後の晩餐を注文できたり、
とにかく気が狂っていた。

◯Nick Knight|Still

もう見ての通り。
めっちゃ美しかった。
この展示がやってるThe Massってギャラリー、
キャットストリートの入り口にあるのですが、ぜひ行ってみて欲しい。

◯arigato sakuragaoka

再開発になる桜ヶ丘町の、ヤマハエレクトーンシティで行われた展示。
アラーキー、蜷川実花、ライアンマッギンレーと、
大御所の作品がたくさん展示してあって見応えたっぷりだった。

◯三澤遥|続々

トップの動画を見てもらえますと。
このゆらゆら動く紙のインスタレーションがめちゃめちゃ最高だった。
佐藤雅彦的知的好奇心をくすぐられるかんじ。


ということで展示もめっちゃ勉強になりました。
本、マンガ編も書いてるのでぜひ読んでみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

久野 祐揮

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。