闇子ちゃん 第七話 ~共依存ちゃん~

こういうのも共依存です。我が家も共依存夫婦です。俺自身は自己肯定感高めで依存体質ではないのですが、二人で仕事してるので微妙に伝染ってきました

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

49

杉山

闇子ちゃん

闇子ちゃんの漫画です

コメント9件

>共依存
幼少期の経験は本当に大事です。そのへんで人生全体のベクトルが決まることも多いです。
今は「ヤンキー」「オタク」「リア充」とかカテゴリ分けする言葉が多いから、さらにつきあいが同じ人同士ってなりやすいのかもしれません。
うちの学校は不良ばっかりでしたが、まずそういうカテゴリ分けの言葉が世の中になかったのと、TVゲームやビックリマン的なみんなが共通のものにはまっていたので、
ヤンキーもオタクも一緒になって楽しんでいたのです。
まさに「色んな友達の家に行くタイプ」が多かったんですね。

親からの「決めつけ」も非常に危険で、これも向き合いを放棄しているんです。
何事も向き合うとそれぞれ愉快なところがいっぱいあります。勉強、家事、仕事、みんなそうですね。
家事めんどくさいけどやるとお母さんが喜ぶ、それだけで十分なんです。

親自身が決めつけキャラだと子供の向き合いアンテナが鈍って、いろんなことと向き合えない、そして手っとり早い快楽に依存してしまうのでしょう。
まったくですね・・・

親からの決めつけとは、
「あなたはこういう人間」という定義づけであって。

その「この程度の人間」という定義づけに従って「この程度の人生」で生きてゆくのを義務付け?られる。

その定義に逆らって生きようとするのは裏切り行為として、罰を与えられる。

「あなたは自立できる能力がない人間だ」と散々定義づけてきた相手から、
「どうしてあなたは自立できないの?」
と責められ、罰せられるとゆーパラドックス。

やれやれだぜ。
┐(´д`)┌
ありますねー。
よく聞くのが、さんざんダメ出しで育てつつ20歳を越えたら「もう大人なんだから全部自分でやりなさい!」というパターンです。
人間、20歳になったら自動的にいろんな能力が出現するわけではありません笑

またさらに、「あなたはこの程度の人間」の決めつけの中には「あなたのために言っている」という文言が含まれることもあるんですよね。
「あなたのため」というのは絶対的な正義セリフなので子供はぐうの音も出ず、全て飲み込むしかなくなってしまうんです。
反論できない状況って、子供はすごく病みます。
「うるせえババア!」と言って盗んだバイクで走りだすほうがメンタルには全然マシです
まったくです。

もうちょい知恵をしぼり。
親の金を盗んでちゃんと買ったハーレーで「ざまあ!クソババア!」と叫んで走り出して欲しいところです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。