僕は何かに悩んだ時、立ち尽しそうになった時、 必ず、文房具を見に行くようにしている。

文房具が好きだ。

僕は何かに悩んだ時、立ち尽しそうになった時、
必ず、文房具を見に行くようにしている。

一番好きなのは、実は東急ハンズで、実はそこから屋号のユカイハンズに繋がっていたりする(町の文房具屋さんも、好きだ)。

真っ白なノート、未使用のペンシル、来年の手帳……。
可能性に満ち溢れている!

選んでる時、カゴに結構な量の文房具を入れている時、
そしてお会計を済ませた時、僕は無敵になる。

新しいことが始められそうな気がする。
まだ真っ白なノートや手帳というものには、可能性しか感じないのである。

そんな感じで高揚感に包まれながら購入した真っ白なノートが、
うちにはたくさんあって、もしかしたら生涯使い切れないくらいの可能性が詰まっている……のかもしれない。

2017年9月1日。
フリーランス・フォトグラファー(って当時は言っていた)として独立して、
まるっと12年が経ち(干支一回り!)。

13年目を迎えました。
今まさに僕は、真っ白なノートを買った時のような気分で、
新しい可能性を探す冒険に、カメラを片手に手帳を頼りに、
歩んでいこうと思います。

(写真は、真っ白なノートに、可能性とか雑用とかを、鉛筆でいろいろ書き込んだモノです)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、すべて作品制作(少女礼讃など)のために使います(交通費・スタジオ代など、結構かかるので。。。)ので、お気持ちだけで十分です。。。よかったら。

シェアとかも歓迎です!
56

何度も読み返したい素敵な文章の数々vol.10

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。