竹本 幸史 | SWITCH WORKS.inc

人材育成会社 SWITCH WORKS.inc https://www.switchworks.co.jp/ 自分が少しでも成長するために、仕事に関する考え方や価値観につながるアウトプットをがんばります。

【無料DL】【イキイキ働こう!】人が育ち、業績が向上する、人事考課制度構築に必要な仕組みと仕掛けとは

人事考課制度を構築する目的の明確化

社員が定着し、イキイキと働く環境づくりを考えることは組織全体の責任です。近年では、「採用難」も重なり、働く環境整備に尽力している会社は急増しています。その一環として人事考課制度の見直し・導入を検討している会社も多いのではないでしょうか。どのような制度にすることが、自社にとって有益であり、人も育ち、業績も向上するのか。今回は作成するうえでのポイントをお伝えしたい

もっとみる

「そもそも」どんな人が成長するのかな。

人材育成・組織開発の研修トレーナーや人事コンサルタントを仕事の生業としています。多種多様な人に毎日接して思うことは

(感想)「自分の成長に値する目標」を持てていない人が多い

という点です。仕事の中での目標というと、「ノルマ」「会社・上位者から求められるもの」「評価制度の中で考えるもの」といった類のことがよく聞かれます。その概念は間違いないですし、そのとおりです。ですがその目標を通して、成長して

もっとみる

人が「動く理由」と「動けない理由」〜どういう時に人は行動するのか〜

動けない理由とは

「とにかく、忙しい…」「やっても評価されない…」「取り組むのが不安…」「失敗したくない…」

これらはタイトルにも掲げた「人が動けない理由」です。何かに取り組むとき、それは、当事者にとっては負荷でしかありません。ですが、上位職(上司)は、上からの視点で物事を考え、目標という期待を部下に求めます。普通であれば、当事者にとっては、負荷でしかありませんから、すぐに「動けない理由」が発

もっとみる

組織開発〜人材育成との違いを理解する〜

人事領域において「組織開発」というキーワードに注目が集まっています。この言葉は”Organization Devleopment”、略して”OD”と呼ばれており、1950年代からアメリカを中心に発展してきた概念です。近年の環境変化の激しい状況の中、企業は生産性の高い機動的な組織の構築が求められています。経営者は持続的に成長できる「組織力」をどう作り上げるか、という事に大きな問題意識をもっています。

もっとみる

部下に信頼される上司と、部下が離れていく上司の違い

組織文化の根強い企業において、上司の存在は部下の人間関係や帰属意識に大きな影響を及ぼします。日本産業カウンセラー協会の「働く人の電話相談室」結果報告(2018年)によると、悩みの相談相手として第一に公共機関、第二に医者・産業医・カウンセラーに相談するというケースが増えているとのこと。

一方で、「人間関係」「ハラスメント」の悩みの原因は誰?という調査では、回答者の27.3%が「職場の悩み」、19.

もっとみる

社員の早期離職対策〜どうすれば離職を防げる?〜

中堅中小企業は、常に人材不足という課題に直面しています。なかなか採用自体がままならない上、せっかく育てた人材に辞められてしまうと、経営に大きなダメージとなります。では、人材が辞めないようにするために、中小企業としては何をすればいいのでしょうか。人事評価制度の整備や働き方改革の推進など、それぞれの企業に合った取り組み、総務人事がなすべきことを考えていきたいと思います。

”人材不足”という大きな問題

もっとみる