「そもそも」どんな人が成長するのかな。

人材育成・組織開発の研修トレーナーや人事コンサルタントを仕事の生業としています。多種多様な人に毎日接して思うことは

(感想)「自分の成長に値する目標」を持てていない人が多い

という点です。仕事の中での目標というと、「ノルマ」「会社・上位者から求められるもの」「評価制度の中で考えるもの」といった類のことがよく聞かれます。その概念は間違いないですし、そのとおりです。ですがその目標を通して、成長しているでしょうか。それが成長に繋がっていなければ単なる「業績目標」に取り組んでいるだけかもしれません。

目標は仕事を取り組む対してとても重要な要素ですが、自己成長においてもとても重要なんです。

(質問)昨年1年間、成長するために取り組んだ業務等、なにかあるか?

・自身は2・3年後(すこし先)どのような人物になっていたいのか、どのようなことができるようになっていたいのか、周囲からどう思われたいのか

このような視点(すこし先の視点)で「〜こうなっていたいな…」という "WILL(〜したい)"を持つことが必要です。

(質問)実現のために、自身が成長するために、どのような目標を立てる?

成長目標を立てるにあたって、大事にしてもらいたい要素としては、

自身の納得度×時間(軸)

・取り組む内容、取り組んむこと自体に対して、自身の納得度はどうか。

・どれくらい先(1年後・3年後・5年後…)の目標か

自分で成長するために必要な目標をたて、取り組むことができる人物が、結果として、成長してしまう。経営者や管理職の視点で考えると、「未来を託せる人」になるんだと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。心より感謝いたします。組織・人材開発会社 | SWITCH WORKS .inc https://www.switchworks.co.jp/

やる気できます♪
5

竹本 幸史 | SWITCH WORKS.inc

人材育成会社 SWITCH WORKS.inc https://www.switchworks.co.jp/ 自分が少しでも成長するために、仕事に関する考え方や価値観につながるアウトプットをがんばります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。