脱ロウについて

ロウや、ゴム糊を使って文様染をした布は、水洗いではロウやゴム糊は取れませんので、溶剤で洗います。

溶剤は危険なこと、無闇に洗っても布に傷がついてしまいキレイに洗えないこと、廃溶剤の処理の問題などから、専門の業者さんへ外注します。

業者さんそれぞれの考え方で、独自の方法で加工するようですが、自分の染の技法に合う加工業者さんを探す必要があります。

この行程で生地に傷がつくことも多く、文様染の最終的な仕上がりを左右する大切な行程です。

脱ロウのドライクリーニングで生地の風合いが落ちる、と主張する人もいらっしゃいますが、適切な処置をする業者さんであれば、それはありません。

むしろ、最近の白生地は、溶剤を一度くぐった方が風合いが良くなる場合もあります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

仁平 幸春

フォリア工房での染色の技法

工房で行っている、染、文様染の技法を解説しております
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。