図案について

布に文様を描くにあたって、いきなり糊やロウを置いたり、染料や顔料で描く事は出来ない事が殆どなので、布に下絵を描きます。

+++++++++++++

まず、図案を起こします。

+++++++++++++

*文様を起こす=例えば牡丹の文様をつくる事
*図案を起こす=その牡丹を用途に合うように配置する事
(和装なら、着物・帯・その他用途に向くように)

と解釈するとわかりやすいと思います。

図案は、古典文様から起こしたり、自分でしたスケッチ等から起こしたり、写真からであったり素材の質感からであったり、それらが組合わさって出来上がったりと、色々です。

まず、図案は(そして文様染は)「絵画ではない」という事を理解していなければなりません。

工芸において求められるのは「明快さ」です。

工芸はどの分野でも素材や技法と強く結びついている、そして殆どが実用品なので「製品として仕上がっている」ことが前提なのです。

ですから例えば絵画のように、時に未完成の微妙さが狙い、ということは基本的には許されないのです。

なので、図案はあくまでも下図であり、それは最終的な文様染の仕上がりが良くなるような描き方である必要があります。

++++++++++++++

例えば、着物や帯、インテリア、その他実用品のように、用途が決まっているものは、その寸法に合わせた図案紙を作り、全体のバランスを見ながら図案を描きます。

図案紙や、図案の書き方は人によって違います。それぞれが用いる技法や考え方によって使いやすいように各自工夫をこらしている様です。

図案は線描きされます。染色技法では技法的に必ず「輪郭線」が必要になるからです。(糸目友禅の線、あるいは面を区切るための線)

スケッチや写真、古典の文様から図案を起こす際には、例えば「実物の花の形から、文様になる線を抽出する」事が必要になります。そこで「自分なりの線」を探すのです。それは色やニュアンス以外の文様の個性に直結します。

ろうけつ染めの抽象的なものや、染料や顔料で直書きするような時でも当たりとして線を描きますが、それでもやはり「自分の線」を見つけなければなりません。

染色技法に必要な線(例えば糸目友禅や、ろうけつ染め)と、自分が描きたい形態とが一致するような自分らしい線になるように何度も描き尽くす必要があります。(一番自覚しなければならない事です)

そうしないと、例えば着物をつくるなら「いわゆる呉服調のどこにでもある上手だけどもつまらない仕事」になってしまいます。

勿論、部分と全体と両方見なければなりません。

++++++++++++++

作った「文様」(例えば牡丹の花を輪郭線に起こしたもの)を用途に合わせて「図案」(それを配置する)にするのはよく考えてやらなければいけません。

例えば着物や帯は衣装なので、着用時には立体になります。 

それを良く理解していないと、例えば着物なら、衣桁にかけて広げた時には美しい着物でも、着てみたらちょっと違和感があるものになったりします。そのようなものは特に展示会用に作られたものに多いように思われます。

当工房では、着物はトルソーにあてて、立体にして図案の当たりをつけます。

それから、文様を配置していきます。

さらに、図案を描いた図案紙を人に実際に巻いたり当てたりして、バランスを見ます。

着物や帯の構図は、長い歴史の中で洗練されつくされています。洋服と違い、形、パターンも一つですので、新しい構図を探すのは大変な事です。

それゆえ、何か新しい事を考えるには平面では無く、立体で考える事が必要になります。

着用時に良いように文様を配置すると、広げて飾った場合、柄と柄の間が広過ぎたり狭過ぎたりに見える事があります。そのような場合は当然、着用時の美しさを優先します。

着物や帯は、あくまでも衣装であり、飾り物ではないからです。

(だからといって、着物や帯は衣装を超えた布そのもの美しさも見所なので、平面で見た時の美しさを全く無視してもいけません)

染帯の場合は仕立上がりの実寸で美しく見える様に、そして着物との関係を考えて図案を描きます。

このように、図案を描くには、いろいろな配慮が必要です。

図案を描く時には染め上がりを常に想定していなければなりません。

図案はあくまでも、最終的な染め上がりに向かって仕事を進めやすいように描くべきであり、図案のみで完結してしまうようなものは好ましくありません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

仁平 幸春

フォリア工房での染色の技法

工房で行っている、染、文様染の技法を解説しております
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。