下絵について

図案が出来たら、下絵を描きます。

布に図案を描き写すことを「下絵を描く」と言います。

下絵を描くには、水を通したり生地を蒸しにかける事で簡単に消える「青花」というものを使用します。(このページの下に説明があります)

下絵を描くには、細い線が描きやすい面相筆を使うことが多いです。

面相筆で線を引く練習は模様染めをするにあたっての基礎の基礎なので、最初は下絵の練習として半紙に墨と面相筆で線を引く練習をします。

ただし、染の文様を描く模様師の場合あまり日本画家的な表情のある線が前に出ると文様に品が無くなってしまいます。文様はあくまで染め物の”文様”なのであって”絵画”ではない、という事です。

下絵は直接布に青花で描く事もありますが、多くは図案紙に描かれた線描きの図案を生地の下に置き、その下からライト等で光を当てて写します。

その際、友禅机を使ったり、ガラスのテーブルを使ったりします。

まず、図案の上に生地目が歪まない様に注意して生地を置きます。

そして、ずれないように文鎮で押さえたり、影響のない部分を針で固定したりします。

下絵は、あまり抑揚を付けすぎず、均等な細い線で描くという事、文様・図柄の勢いを殺さずに描く事が大切です。

細部を描く事に集中して、全体の流れがなくなってしまうのはいけません。

そのように描かれた下絵は全体的に縮こまったような印象を受けるので、細部に注意しながらなおかつ全体の流れを感じて描く様にします。

初心者はどうしても視点が近くなり、部分にのみ集中し全体の調子を観られないので、下絵の練習を良くしておくことが大切です。

文様によっては、全て書き込まない事もあります。

文様を細部まで書き込むと、糊を置く時に線が込み過ぎてよくわからなくなったり全体の調子が分からなくなることがあります。

細部を全て精密に描く必要はなく、文様が分かる程度に略しておいた方が、次の仕事がやりやすい場合があります。

また、細かい糸目の柄だと、その部分は青花では描かず、図案をライトで写して直接糸目を引く事もあります。

下絵はあくまでも次の染の作業をやりやすくするサポートの役割です。

しかし、サポートとして最善である必要があります。

例えば和服系では、紬やちりめん・塩瀬など、生地によって青花の濃さや面相筆の含み具合を変えないと全ての生地に細い均等な線を引けません。

仕事の種類や段取り、文様の性質によって下絵の線の加減を変えます。

例えば糸目友禅の為の下絵と、大胆な抽象的な文様のろうけつ染め等では、青花の線の質や濃さを変える必要があります。

どんなに良い図案を描いても、それをキチンと布に写せなければ台無しですから、下絵は布へアタリをつけるという意味だけでなく大変重要な行程です。

++++++++++++++

(下絵に使う「青花」について)

*青花には2種類あります。

1つは昔ながらの「青花」です。

露草の花の汁を和紙に浸みこませたものです。
その紙を水に浸し染み出た青い染料を下絵に使います。

特徴は、水に溶けやすく、生地に青花をつけても簡単に水で流れ落ちます。

しかし、熱を加えると落ちにくくなる性質も持っています。

保存状態や、仕様方法によっては落ちなくなるため多少使用方法に気を配る必要があります。(→参考HP

2つ目は「化学青花」で、でんぷんのヨード反応を利用して作られたものです。

蒸気を当てたり、水に浸す事によって消えます。

一般に染色行程での”蒸し”行程で消えます。

取り扱いが楽な事、廉価である事から現在では殆どこちらが使われています。

しかし、乱雑に扱うと消えなくなる事もあり、注意が必要です。

工房では、化学青花を使用しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

仁平 幸春

フォリア工房での染色の技法

工房で行っている、染、文様染の技法を解説しております
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。