Noteを初めて見ました、ではなく、Noteを始めてみました。

初めまして、Yukihiroと言います。こんにちは。
自分の会社でメディア事業を立ち上げて、半年が経ちました。最近はプロのライターさんや編集さんとも話をすることも増え、自分のクリエイティビティのなさ、そして、クリエイティビティあふれる人への理解の低さを実感し、とりあえずは、自分で発信することを始めてみようと思い立ちました。

思い立ったが吉日というので、とりあえずNoteを登録してみたのが、2ヶ月くらい前。前回の吉日はどこかえ行ってしまったと思いますが、今日も思い立ったので、吉日ということで、書いています。

まずは自己紹介かなと思うので、自己紹介をば。

私は、もともと地方テレビ局が最初のキャリアでした。そこで、スポーツ番組の制作やディレクションなどをやっていました。その後、大阪支社→東京支社で営業、いわゆる、お酒を飲んでクライアントと仲良くなって、、みたいな仕事をしてきました。おかげで、お酒は強くなった気がするし、美味しいお店もたくさん知っております。そんなごりごりの営業である私がなぜ起業したのか、というと。一番最初のきっかけは、

当時付き合っていた彼女に「MBAでも取れば」と言われたことでした。

そう、MBAも知らなかったですが、その一言で人生が大きく変わりました。今でもその彼女に心の底から感謝しています。あ、MBA取得したのち、お別れしてしまいましたが。。

起業のあれこれとか、MBAのあれこれとか、テレビ局のあれこれとか、シリコンバレーのあれこれとか、色々と書いて行ってみようかなと思っております。まじめなこととか、ただただ書きたいこととかもごちゃ混ぜにして書きたいと思います!

何か目標を持って書くのではないので、不思議な感覚です。
ただ、弊社に関わっていただいているライターさんを理解したいという目標はあるので、理解の糸口くらいは知りたいと思っております。

その目標がどうしたら達成されるのか、どういう道筋でKPIを設定するのかなど、そこを考えないことに違和感はあります。

でも書くこと自体が目的ですね。というか、KPIとか行っている時点で、何かが違うって言われそうです。とりあえず、徒然なるままに。


吉日

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

Yukihiro

地方テレビ局出身。当時の彼女に、MBAでも取れば?と言われ、早稲田大学ビジネススクールに通う。その後、シリコンバレーという田舎町で刺激をいただき、Pool&Moon Incを起業。自己満足でしかない起業ではなく、世界が変わることをやりたいという思いで、EXest Incを設立。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。