散らし寿司の上に菜種

 散らし寿司の上の玉子を“菜種”にしてみた。しっとりした玉子がご飯とよく馴染む。こぼれにくいし、すこし甘辛い味が酸味を和らげていい感じです。

【本日の献立】
・散らし寿司
ベースは市販の散らし寿司のもと。押し麦でご飯の嵩が増しているので、塩昆布と胡麻も混ぜ込んだ。上に乗せる玉子はしっとりめの菜種に。簡単で自分も好き。ただし油を使わないで作る菜種は鍋を洗うのが大変。お湯につけてふやかして、スポンジである程度洗ったらスチールウールのタワシでこする。

・洋風トマト肉じゃが
ゆうべの残り。昨日より子どもは食べなかった。

・ポテトサラダ
ゆうべの残り。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 昨日の夜は鼻が止まらず、もしや…いやいや止めてくれと願ったが、娘の風邪がうつってしまった。今日は喉が痛かった。しかし本を読んでくれと泣かれたり、ごっこ遊びに参加するよう求められ辛い。夫は子どもがようやく眠たくなる頃(寝ない子なので深夜である)帰ってくるので、ひたすら一人で相手する。

 もしも、もしもだけれど子どもと二人で暮らすなら、一対一だと息が詰まる日もありそうだなぁ、日常の中に他にも誰かの存在があって欲しくなりそうだなぁ。そんなとき猫に居てほしいかなぁ、なんて思いました。犬しか飼ったことないのですが。猫との暮らしを色々と見聞きして、憧れがふくらんでいるのかもしれない。

 動物がいると家の空気が少し動き開かれる気がする。動物と暮らすには責任が生まれ諸々大変になるけれど、日々の空気は大事なので何を取るかだなぁなどと想像します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります!
4

ゆきんこレシピ

子育て中の母のご飯。 献立を通した日々の記録とご飯にまつわる思い出。 導入はそのときのご飯の話ですが、ご飯きっかけの違う話になりがちです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。