炊飯器で料理

 炊飯器でおかずを作ろう!と思い付き実行。野菜をざっくり切って早炊きモードでスイッチを入れた。あとは放置していてもおかずができる…と安心しすぎたら、水を入れるの忘れてしまいました。トマトスープを作る予定が、トマト風味の肉じゃがのような煮物の出来上がり。これはこれでイケたのですが、肉じゃがをさほど好きではないので蓋を開けたときは「……」な気持ちで固まりました。

【本日の献立】
・洋風トマト肉じゃが
玉ねぎは櫛形切りを長さ半分に、ニンジンは半月切り、ジャガイモは大きめに。油を忘れたとオリーブオイルを回しかける。ベーコン2パックは細切りに。ウィンナーはある程度厚目に薄切り。トマトは丸ごと。コンソメ少々、塩コショウ。ベーコン等の塩気を考えて味付けは薄く。

・小松菜とツナの混ぜご飯
思い立って朝に作った残り(作り方はこちら→https://note.mu/yukiki/n/nf8ce05e4b0ee)。出来立ては小松菜がとろけるようで美味しかった。娘もよく食べた。冷蔵保存からチンするとやや小松菜の苦味が感じられる。今まで気にならなかったのでたまたまかと思うが今後検証したい。冷凍なら大丈夫か、など。

・ポテトサラダ
煮物から取り出したジャガイモをつぶす。キュウリとハムに、ほぐした鳥はむも加えて。器は商品入れ替えでお手頃になっていた益子焼き。いわゆる小鉢が、割れてから我が家には無かった。微妙に不便だったのでうれしい。

・冷奴
男前豆腐店のを子どもと半分こ。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【今日のアラレちゃん】

・風邪気味なので病院を予約して、保育園は早めにお迎え。でも回復期に入ったのか元気一杯。

・レゴのデュプロを写真の通りに作れるようになっていた。そのうち上にポンッと別パーツで部屋を作り乗せていた。そしてまた取っていた。思いのままの作品をこれからも見せてほしい。

・節分の鬼のインパクトはいまだアラレちゃんの心に残るのか、紙で作った豆をまく。「やさしい鬼だよ」とにっこり笑顔の鬼を描き、その横に豆をまく自分を描いてくれと頼んできた。「鬼は外~」と叫んでいそうな大きく口を開けたアラレちゃんを描いたら、めちゃくちゃ豆を描き足していた。保育園の豆まき、怖くて楽しかったんだろうな。

・寝かせようとしていたら、大きめだからとしまっていた五本指の手袋で遊び出した(今はミトンを使っている)。クッションに何やらおもちゃを並べ、「手袋を外しなさい」と言っては手袋をクッションに乗せる謎の遊び。私に、クッションを持って「手袋を外しなさい」と言う役を頼んでくる。何で見たのか聞くと『アナと雪の女王』だった。戴冠式の物真似。なんか、こういうとき、遊びの発想におどろく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります!
7

ゆきんこレシピ

子育て中の母のご飯。 献立を通した日々の記録とご飯にまつわる思い出。 導入はそのときのご飯の話ですが、ご飯きっかけの違う話になりがちです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。