見出し画像

幸せってなんだろう?

人はこの世に生を受けて生まれてきた以上、必ず死ぬ。だからこそ、今生きている人生は何のためにあるのか、自分なりの人生の目的を持つことが大事だと思う。

僕は、人生の目的は、最後死ぬ瞬間に「いい人生だった。幸せな人生だった」と笑い泣きながら終えることだと思っている。そのためには、人生をかけて自分の幸せを最大化することが目的を達成するための手段となる。

では、自分の幸せとは何か?

僕はこう考える。(※これはあくまでも僕の見解です)

「幸せ」 = 「やりがい」 × 「生きがい」


詳しく見ていこう。自分の幸せは、「やりがい」「生きがい」という2つの要素で構成される。


やりがいについて

やりがいとは、欲を満たすことである。マズローの欲求段階説をご存知だろうか。(詳しく知りたい方はこちらを参照してください。)

これは人間の欲の構造を表している。これ自体に異を唱える人もいるかもしれないが、ここではこれにしたがって欲を捉える。ここで僕が言いたいことは、欲を満たした時に人はやりがいを感じるのではないかということだ。

例えば、セックスをした時、快感を感じて一種の達成感を感じる。これもやりがい。インスタでめっちゃいいねもらった時、周りの人が見てくれてさらにいいねとリアクションをしてくれたことによって承認欲求が満たされ、これも一種の達成感を感じたと言える。言ってしまえば、これらもすべてやりがいなのである。

しかし、自分が汗水垂らして一生懸命努力をした結果として相手が喜んでくれたり、自分が結果を出して所属するチームや組織に価値を発揮することができたりした時に感じるような達成感は上記で述べた達成感とは次元が変わってくる。すなわち、貯まるやりがいの量が圧倒的に多いのだ。

ここまでを踏まえると、幸せを最大化するためには、一生をかけてやりがいを貯める必要があり、やりがいは欲を満たすことで貯めることができる。そしてその欲は、セックスでもインスタでも娯楽でも貯めることはできるが、人間の欲の構造においてより高次元にある欲を満たすことで、より大きなやりがいを感じ、貯めることができる。ゆえに、より大きなやりがいを貯めるために、日々大小さまざまな欲を満たしながらも、より高みの欲を見据えながら、いかにやりがいの量を増やすかが重要になってくる。

欲の構造におけるもっとも上の次元にある欲は、自己超越である。これは、自分自身を超えたものを志向し、より大きなものを主語として専心することである。会社で言えば、組織・チームを主語として視座を上げ、自分1人のことばかりではなく、仲間のことを考えながら価値を生み出せるかである。これはとても難しいことではあるが、ここで大事なのは、自分の欲を満たしやりがいを貯めるためには、他人のことを考えなければならないということだ。より多くのやりがいを貯めるためには、周りの人のことを思いやり、周りを巻き込んで専心する必要があるのだ。

とても難しい。。でもこう思うと僕も頑張らねばと奮起させられる。何もかも足りない自分だが、目指すべき旗があるだけで、原動力に違いが出てくる、そんな気がしている。


生きがいについて

生きがいとは、人に必要とされることである。ここでいう「生きがい」とは、自分がどんな時に生きてるなって実感するかということに他ならない。

人によっては、意中の女の子を落とした時に感じるかもしれない。新しいプロダクトを作り、それが世に出回った時に感じるのかもしれない。

僕は、こんな言葉をかけられた時に生きてる実感を抱く。

「生まれてきてくれてありがとう」
「お前がいてくれてよかった」
「お前のおかげで楽しかったわ」
「大好き」

つまり、人に必要とされ、愛されたな、と思う瞬間である。これこそが生きがい。

では、この生きがいを感じるためには、どうすれば良いか。

人にGiveする以外他はない。自分ができること、やってきたことに対して持続性を持ち、人や組織や社会に価値を還元する。これがすべてだと思う。


自分の幸せを最大にするためには、自分だけでは不可能

ここまで考えてきてお察しの通り、自分自身の幸せを最大化するためには、人にGiveし、人を巻き込み、より大きなものへと志向し、専心することが必要なのである。まるで矛盾のように聞こえるが、これが真実なのではないだろうか。

自分の人生はあくまでも自分が幸せになるため。でも自分が幸せになるためには、自分のことだけ考えていてはだめなのだ。

一生をかけて自分の幸せを掴み取ろう。そのためには、一生をかけてやりがいを貯め、生きがいを感じ続けよう。

なんでこんなことやってるんだろうなどと嘆きたくなることも生きていれば多々あるが、それもすべて自分を幸せにするためなんだ、と思えばなんだって頑張れる気がする。よし今日も頑張ろう。


ではまた☺️




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

愛しています!シェアしてくれたら泣いて喜びます〜!
14

ゆーきながい Yuki Nagai

東京工業大学大学院修士1年 / iOS / ブロックチェーン/ メディアアート / 旅 / 歴史 / ビリヤード
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。