東京に疲れたら一度でいいから湾岸を歩いてみて、という提案


たまたまnoteの記事で東京に疲れていると思われる方をお見かけしたので、ちょっと書いてみたくなりました。

渋谷に行ったら、ひどく消耗した。
たった午後の数時間だったのに、やっぱりだめだった。
スクランブル交差点を行き交う人の多さとか、ところどころにあるパチンコ屋からドアが開く度に聞こえてくる大音量の音楽とか・・・


これ、すごく共感できる。
東京、人多すぎですよね。騒がしいですよね。


自分は埼玉生まれで子供の頃から東京という街が大好きだったのですが、住んでみて同じように人の多さにしんどくなった時期がある。

20代後半の頃、新宿が好きになりすぎて勢いで住み始めたんです。憧れの新宿に。ただ、住んだマンションは繁華街にやや近かったこともあり、エントラスを出ると常に人が行き交うような立地でサッシを開けると色んな雑音が聞こえてくる。

最初は何も感じなかったけど、月日が経つと次第にそれらにうんざりするようになってしまい、それ以来、未だに新宿や渋谷の人混みが苦手に・・。
もっと時間をかけて場所を選べば良かったというのはありますが。

恐らく、東京にいながら大都市ならではの雑踏や喧騒に心が疲弊している人は実際かなりいると思うんですよね。
(Twitterで検索しても人の多さに疲れる旨のツイートがけっこう出てくる)

ただ、それが理由で東京を嫌いになってしまう前に、一度東京の湾岸エリアを歩いてみてほしいんです。(おまえ東京のなんなんだ)


自分は東京の湾岸エリアを好きになって通い続けて、気付けば今年で10年。もはや人生におけるサードプレイスとして気分転換できる都内でも最良の場所となってます。ストレスが溜まった時は湾岸で過ごす、という時期もありました。

そんな湾岸エリアは勝どき、晴海、豊洲など文字通り東京湾にほど近く、河川や運河に囲まれた水辺のエリア。

既知の事実として水には癒しやリラックス効果がありますよね?
晴れた日に水際に設置されたベンチに座りながら、護岸に当たってちゃぷちゃぷと聞こえてくる波の音や揺れる水面をただ見つめているだけで癒されたりします。そんな親水空間が湾岸エリアにはそこら中にあるんです。個人的に水辺の多い湾岸は東京のオアシスだと思ってます。

よく東京を嫌う理由に人が多い点の他にも、道が狭い、街が汚い、忙しない、騒々しいとか色々聞きますけど、湾岸には既存のイメージにない東京があると思うんです。

中でも青々とした景色が見渡せる、晴海運河や豊洲ぐるり公園のあたりはいつでも東京らしくない静けさ、東京らしくない治安の良さ、東京らしくない整然としたきれいな街並み、東京らしくない広い空などなど。(星だって見える)
それに湾岸は都心から至近に位置しているから気軽に行けるというメリットもあります。

東京の息苦しさに疲れたら、一度でいいから何も考えずに隅田川のテラス、晴海運河、豊洲ぐるり公園など、ここら辺を歩いてみてほしいんです。


よく晴れた休日の昼下がりとか、東京らしくないゆったりとした時間が流れてますよ。
東京を嫌いになるのは湾岸の空気を知ってからでも遅くはないです、きっと。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしゅうございます。。
112

Yukinori__833

東京ベイエリアの魅力

10年以上通っているサードプレイスの魅力について
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。