AIの眼を駆使する「超」仕事法(目次)

  AIの画像認識機能を、スマートフォンで誰でも使えるようになったのは、画期的なことです。
 アンドロイド端末でも、またiPhoneでも、簡単な設定ですぐに無料で使うことができます(第1章の1参照)。
 この機能を活用できるかどうかで、仕事の成果に大きな差が生じるでしょう。このマガジンでは、AIの眼を用いて仕事の能率を飛躍的に高める方法を提案します。

なお(*)を付した項目は未完成のため、現在は閲覧できません。

はじめに:AIの眼をうまく使えば、仕事と生活が大転換する

第1章 眼を持った百科事典が登場
 1どんなスマートフォンでも、画像認識機能を簡単に利用することができます

 グーグルレンズは、アンドロイド端末やiPhoneでも使える

 2.驚愕。「眼のある百科事典」が出現
 
 3.顔認識の実力:俳優はOK。政治家はダメ
 
 4.思いがけぬ商品情報が得られるときもある
 
 5.グーグルレンズ以外の画像認識アプリ


第2章 新聞切り抜きから、ついに解放された
 1.新聞切り抜きから、ついに解放された
 
 2.簡単で強力:究極の新聞記事保存システム

 3.目的の文字列だけを素早く認識させる方法

第3章 グーグルレンズを事務処理に使う
 1.名刺のデータ化機能は使えるか? 

 2.ついにたどり着いた名刺の「超」整理法

 3.領収書の整理に使う

 
第4章 AI時代の「超」整理法
 1.たかが整理、されど整理

   2. 押し出しファイリングの思想:LRUとMTF

 3.デジタル時代の「超」整理法

 3-2.IT時代の「超」整理法:検索を制するものは知を制する

 4.AI時代の「超」整理法  

 5.音声認識で文章を書く(*)

   6.使いやすく、絶対に安全なパスワード管理が可能になった

 7.AIを駆使する「アイディア製造プロジェクト」

 8.途中過程を公開することは意味があるか

 9.AIがあれば人間が知識を持つ必要はなくなるか

 10.Googelドキュメントの使い方

 11.ついに見い出した写真の検索法

 12.Googleドキュメントを駆使するための仕組み作り

 13.AIを駆使する「超」メモ帳

第5章 書棚で眠っていた本がしゃべり始めた

 1.外国語の本も簡単に読める
 
 2.沈黙していた書物が、つぎつぎにしゃべり出した

 3.本が、文字通り「しゃべり始めた」

 4.AIに音読させて、外国語を勉強する

 4頭が痛いPDFの変換

 
第6章 印刷された文字をテキスト化できることの重大な意味
 1
テキスト化できれば、何でもできる

 2QRコードはもう古い

 3.サイトへの入り口を現実世界に沢山作れる

 4.「小さなテレビ受像機」を配る : クリエイターが自分の存在を知らせる最強の方法

5.自分の存在を知らせるための「小型テレビ受像機」の作り方

ホレイショーよ。この世の中には、面白いことや感動することがまだたくさんある

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Google Pixelを使う 目次

メタ・ナビゲーション(野口悠紀雄のnoteの総目次)

AI時代の「超」整理法(*)























この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

34

野口悠紀雄

「超」仕事法

「超」時間管理法、AI時代の「超」文章法、AI時代の「超」整理法、AI時代の「超」発想法、アイディア農場プロジェクト
6つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。