使いやすく、絶対に安全なパスワード管理が可能になった

◇頭が痛いパスワード管理
パスワードが増えて、その管理に苦労している人が多いでしょう。
同じパスワードの使い回しは危険だというので、サービスごとに別のパスワードを作っていると、とても覚えきれません
忘れてしまうと、そのサービスを使えなくなり窮地に陥る時があります。
サイトによっては、不審なログインがあったというので、パスワードの変更を求められることもあります。

ディジタル情報にして保存しておけば、忘れたり紛失したりすることはありませんし、入力するのも簡単ですが、データを保存してあるPCやクラウドが攻撃にあって盗まれる危険があるので、この方法をとる場合には、後で述べるような注意が必要です。

私は、これまで紙のノートにパスワードを手書きで書いて管理していました。
これは安全な方法ですが、利用には不便と感じる時もあります。
サイトによっては、かなり頻繁にパスワードの確認を求められますが、いちいち手動で入力しなければならず、面倒です。PCからの入力であればそれほどでもありませんが、スマートフォンの仮想キーボードに長いパスワードを入力するのは、かなりの手間です。

「ディジタル情報として残しておいて、そのファイルを外付けHDに置き、普段はインターネットから切り離しておく」という方法も考えられます(これは、仮想通貨で秘密鍵の管理法として「コールド・ワレット」と呼ばれる方法です)。
実は、私は、この方法も併用していたのですが、入力が必要になったときに、切り離しておいたHDをいちいち接続するのが面倒で、一度も使ったことがありません(つまり、紙のノートを見て、手動でパスワードを入力していました)。しかも、スマートフォンからの入力には使えません。
こうしたものは、ほんの少しでも面倒だと、実際にはなかなか使えないものなのです。

グーグルレンズで、パスワード管理が楽になった
グーグルレンズが使えるようになって、つぎのような方法が可能になりました
私はこのうちの(1)を採用しているのですが、(2)や(3)の方法も可能です。

この続きをみるには

この続き:1,997文字/画像1枚

使いやすく、絶対に安全なパスワード管理が可能になった

野口悠紀雄

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

野口悠紀雄

AIの眼を駆使する「超」仕事法

AIの画像認識機能を、ついにスマートフォンで利用できるようになりました。これをうまく活用すれば、仕事の能率を飛躍的に上げることができます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。