新聞切り抜きからついに解放された(Google Pixelを使う:その7)

切り抜きの山に悩まされ続けた
新聞記事は、情報を取り入れる入り口として、大変重要だ。
しかし、それを情報源として活用するのは、簡単ではない

これまで、私は必要な記事を破いていた。切り抜く時間的な余裕はないからだ。ナイフやハサミを探しにいくより、このほうがずっと早い。
そして、それをただ積んでおく。
しかし、たちまちのうちに切り抜き(正確には、「破った紙片」)の山ができてしまう。また、読んでない新聞も積み上がる。机の上が古新聞の山になってしまって、精神衛生上、非常に良くない。

しかも、保存した記事のストックを利用できるかというと、難しい。
1、2週間であればその切り抜きがおよそどこにあるかの見当がつくが、それを過ぎると、とても無理だ。
折角残して置いたのに、それを見つけ出すことができないということが頻繁に生じる。活用できるのは、せいぜい2,3日だ。

情報を取得し、ストックしたのに、 それを引き出せないのである
こうした状況が続いていた。

記事そのものはウエブにあるのだが、引き出せない
ところで、新聞記事そのものは、いまやウェブでほとんど手に入る。一昔前までは署名記事などはウエブになかったが、今はそれも入手可能だ。

「だから、切り抜きを残すというような面倒なことをせず、最初から検索すればよいではないか」と言われるだろう。
しかし、そうはいかないのである。
目的の記事を検索で一発で探し出すのは、それほど容易ではない。「AI」というような一般的な検索語では、とても無理だ。「プロファイリング」程度に絞っても見つけられない。 新聞名などを入れてand検索にすればだいぶ対象は縮まるが、それでも難しい。要するに、見いだしたい新聞記事は、情報の大海にのみ込まれてしまったのである。

 それに、最大の問題は、「何を検索したらよいのか?」ということを思い出せない場合が多いのである。何か重要なテーマに関する記事を見た記憶はあるのが、キーワードが何だったかを思い出せないのだ。思いつくキーワードは一般的なものばかりなので、検索しても関係のない記事が多数ヒットして、目的の記事にはたどり着けない。
ウェブにある情報は、もちろん質の高いものもあるが、全体の数が膨大なので、質の低い情報も含まれている。検索で上位に来るものが質が高いとは限らないのだ。新聞記事で印象に残ったのは、間違いなく重要な記事だったのである。それを逃さずに押さえておけることは、大変重要だ。

グーグルレンズで見出しをテキスト化して残す
Pixel3で文字映像のテキスト化ができるようになったので、長年の難問を解決できるメドがついた。
グーグルレンズで、新聞記事の見出しをテキスト化し、それをコピーしてGoogleドキュメントに貼り付けておけばよいのである。この間の手間は数秒しかかからない。

見出しのテキスト化は、 音声入力でもできる。もっと正確に行なうには、スマートフォンの仮想キーボードに入力すればよい。
しかし、上の方法で行なうのがもっとも簡単だ。

後になって記事そのものが必要になったら、記録しておいた見出しをコピーして検索する。
これまでの経験だと、ほぼ確実に目的の記事が検索結果のトップにでる。

一つのページに記録しておく記事があまり多くなると、分からなくなくなってしまう。1つのドキュメントにせいぜい100記事くらいにしておくのがよいだろう。1日5記事とすれば、1月弱ということになる。
なお、記事を時間順に並べておけば、「ほぼいつ頃のもの」ということで、見当がつく。これは、「超」整理法の基本的考えだ。

雑誌についてはどうか?記事そのものがウェブでは簡単に手に入らない場合が多いから、どうしても残したい記事があれば、写真を撮っておくのが良いだろう(スキャナでPDFにするより、写真を撮る方が簡単だ)。

簡単にできないと続かない
「やればできる」ということと、「そのほうが便利だ」ということは違う。
整理をすること自体が目的ではない。情報をストックすることが目的ではない。
いくらストックしても、必要なときに引き出せなければ、宝のもちぐされだ。というよりは、単にゴミの山でしかない。
 新聞記事についていえば、朝食をとりながらしながら、2紙を処理できる程度の簡単さでなければ、実用にならない。

いま、「99.99%の確率でうまくいくが、準備に5分間かかる」仕組みと、「10秒でできるが、うまくいく確率は8割でしかない」仕組みがあったとしよう。どちらがよいか?
その判断はもちろん対象によるのだが、新聞記事の検索であれば後者がよいことは明らかだ。
整理」というのは、ほとんど役に立たない仕事なのである。しかし、やらないでいると仕事に支障がでる。だから、やむを得ず整理する。
だから重要なのは、「ほぼ目的が達成でき、しかも簡単に実行できる仕組み」を考え出すことだ。「完璧に機能するが、実行するのが面倒な仕組み」では意味がない

問題発掘リストにもなっている
やってみると、「新聞見出しリスト」は、私にとっての問題発掘リストにもなっていることが分かった。これを出発点にして、考えを進めることができる。
「原稿の締め切りが迫っている。でも何について書けばよいのか、テーマが見つからない」という経験は、文章執筆者であれば、誰でも持っている。
これに対する一つの答えが「アイディア農場プロジェクト」なのだが、「新聞見出しリスト」もその機能を果たすことが分かった。
これらを組み合わせて「アイディア生産工場」を作ろうというのが、私のプランだ。

精神衛生的に楽になった
見出しのテキストを取得した記事は、すぐに捨ててしまう。重複取得を防ぐためだ。
「捨ててしまえる」というのは、快感だ。しかも、「必要になるかもしれないのに、捨ててしまえる」というのは、かなりの優越感(?!)を味あわせてくれる。

これまで、「ひょっとすると必要になるかもしれない」と思って切り抜きの山を作り、それが精神的重圧になっていた。そこから、やっとのことで解放された。
私の精神状態は、このところ大幅に改善されたと思う。

しかし、まだ完全でない
しかし、これまで述べてきた方法は、完全なものではない。
それは、グーグルレンズが、必ずしも即座に見出しを認識してくれるとは限らないからである。
したがって、上記の方法は改善の余地がある。それについては、別の機会に論じることにしたい。

AIの眼を駆使する「超」仕事法(目次)

ホーム

メタ・ナビゲーション(野口悠紀雄のnoteの総目次)

AI関連note記事 目次

Google Pixelを使う 目次


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

44

野口悠紀雄

「超」仕事法

「超」時間管理法、AI時代の「超」文章法、AI時代の「超」整理法、AI時代の「超」発想法、アイディア農場プロジェクト
3つのマガジンに含まれています

コメント1件

記事の切り抜きが、このような事で可能になるなんて目から鱗です。切り抜きファイルを作ることが喜びの方もいらっしゃるでしょうが、最新技術を簡単に使いこなし、それを生かしているのが本当にすごい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。