見出し画像

多分、会社辞めます

何年もずっと迷っていたんですが、「まぁ、いいかな(笑)」という軽いノリで、活躍のフィールドをチェンジすることにします。

(表紙画像:bit.ly/1J9JnvQ)

10数年働いた会社をいよいよ辞める決心をしました。

「会社、辞めようと思います。」

先日上司に退職意向を伝えました。

あらかた想像していたとおり「え!何だって!?」という上司の反応。


なんでもやってたら、なんでもできる気がした。

ブログのロフィールにも書いた通り、つまらないと言われているサラリーマンにしては、なかなかの変歴をたどってきたと自負しています。

昔から物事を突き詰める性格があったらしく、特にblogを始めてからというものそれが顕著に現れだし、

・くそ難しい山弦というギターデュオのコピーライブを飲み屋でやった
10kgのダイエットに成功した
・30万pv突破した
・電子書籍を自力で出版した
オンラインサロンも立ち上げてみた
・ブログを通じて繋がった皆さんと、あちこちに滑りに行く企画を進行中
・というか普通に生活できる分は稼げてる

と、まあまあかな。と。

その道の方からすると「ふーん」って感じなのでしょうが、普通の人の感覚からすると「やるなぁ」って感じだと思うんですよね。

この「やるなぁ」に市場価値があるな。と確信できたのが大きなきっかけとなりました。

今の職場に対する不満

数を上げればきりが無いのですが(笑)それはどこの職場でも同じでしょう。

自分で0から1を生み出す快感を知ってしまうと、全てが物足りなくなってしまうんです。

時として代えがたい代償を支払う場合があります。それは、そのブロガーのスタイルや価値観により異なりますが得るものがあれば失うモノもあるという事です。
http://rentalhomepage.com/post-18848

何も知らずに組織の一員として汗水垂らし、不平不満を言い合い、解決の無い飲み会で発散していたほうが、もしかしたら幸せだったのかもしれません。

・物足りない。
・自分とのスピード感が全く合わない。
・心血をそそぐに値しない。
・etc・・・
会社で過ごす景色が時々モノクロームに見えるんです。鮮やかさがない。

念のため断っておきますけど、環境に甘えて過ごすなら最高ですよ。サラリーマンは。

いろんな人に話を聞いた年末年始

今年の年末年始のお休みを利用して、いろんな立場の旧友と飲みに行って込み入った話をしてみました。

・渋谷の服屋をやってる高校中退の後輩(多分一番稼いでる)
・大阪でベンチャーやってる同級生(これもかなり稼いでる)
・私と同じくらいの年に転職経験がある両親
などなど。

「え、じゃあうち手伝ってよ!」というキーワードもありがたいことに飛び出したりで、

私のようにここまでやってのける人ってあんまりいないんだな。

ということは環境を変えてもなんとでもなるな。

と、直感的に思いました。


そういうわけで、スノーボードに絡めると、テク選AP連覇している末高さんの金言

ノリと根性!

に基づき、軽い気持ち(※)で環境を変えてみようと思ったわけです。

(※雇用の流動性ってあっても良いと思うのですが、周りの反応は想像以上に「え?大丈夫なの?」と心配されることが多いのもちょっとびっくり)

当面の生活資金をどうするのか。

この続きをみるには

この続き:901文字

多分、会社辞めます

雪山田太郎

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

雪山田太郎

スノーボード カービングターン上達のまとめ!の管理人。10kgのダイエットに成功したり、スノボブログを立ち上げたりしているうちに、「好きなことをして暮らしてく」力が身につき、10数年のサラリーマン生活に終止符を打とうとしているところ。「理想の生活は自分で作る」最上志向型人間
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。