戸田幸子

仕事は編集、イラスト、ライティング、パンフレットなどのデザイン、夫とだ勝之の漫画の編集など。パソコン雑誌『MACLIFE』OB。 生まれは広島。立体視、だまし絵、発達障害、科学技術、カープ、食べ物、酒、野菜、漫画、アニメーションなどに興味があります。

入学式に黒いスーツを選んだわけ

大学の入学式に黒いスーツばっかりで気持ち悪いとニュースなどで言われていた。うちの息子も今年大学に入学したので、入学式のスーツを息子と買いに行ったのだけど選んだのはやはり黒いスーツ。お店に並ぶスーツは当然真っ黒が一番多くて安いのだけれど、他の色や模様の入ったものもあって、全く選択肢がなかったわけでもなかった。だが、実際にスーツを買う段になって考えたのは、今ここで買ったスーツは入学式の後一体何回着られ

もっとみる

12月9日マウスの誕生日に

マウスが好きだ。パソコンで絵を描く道具としてマウスを使っている。

マウスと出会ったのは1988年

 私が初めてパソコン画面に絵を描いた時は、マウスも付いていなければお絵かきソフトも付いていないコンピュータで、Basicでプログラムとして画面に点を表示するコマンドを使って描いていた。ついでにモニタが表示できる色数は8色だった。はじめは円とか線などの図形を描いていただけだったのだが、そのうち今で言

もっとみる

巨大ズッキーニ、1週間チャレンジ

レンタル畑を一区画借りている。農家の園主さんが耕運してくれてマルチもかけてくれて苗も用意してくれて、借りている私たちは植えて間引きをしたり芽かきをして収穫するだけの農業のおいしい所だけさせてもらっている。農園は全部で24区画。小さな子供づれの人もたくさんいて、講習会の日はきゃっきゃと賑やかで楽しい。
 さて、この畑で4月の終わりころ植えたズッキーニが大きくなって、梅雨入りし、暑くなってくるとともに

もっとみる

記憶のスイッチ

昔よく行っていたレストランが閉店するというハガキをもらった。野菜の本来の味を活かす料理を提供してくれるお店で、素材となる無農薬のおいしい野菜はシェフの要望に応えて弟さんが作っているという徹底ぶりだ。前から友達をそのお店に連れていく約束をしていたので、閉店前に行っておかねばと思った。予約の電話をすると、もういつものメニューはやってなくてお任せで出すことしかできないがよいかと聞かれ、そういえばよく行っ

もっとみる

髪は頭を地球に引っ張り続ける

伸ばしていた髪を切った。重力から解放されて「自由だー!」と思った。PIXARのアニメーションの「カーズ」で主人公のライトニング・マックィーンが足かせから解放されて「自由だー!」と叫んだ声が頭の中で再生され、雲ひとつない青い空と広い大地の映像が浮かんだ。そんな大げさなと思うかもしれないが、ここ半年間、重たい髪の毛を四六時中ぶら下げて、肩こりと戦い頭痛を葛根湯で紛らわせながら生活していたのだ。なんでそ

もっとみる

「この世界の片隅に」を劇場に見に行く私の事情

私の原爆の印象は「晴れ」「じりじり暑い」「8時15分で止まった時計」

 オバマ大統領の広島での演説は、晴れ渡った空から原爆が落ちてきた描写で始まった。それは、広島に生まれて平和教育(というか、原爆教育)を存分に受けて育った私にとって毎年8月6日に反芻してきた自分たちの目線の原爆だったので、その冒頭部分だけで心を鷲掴みされてしまったのだ。オバマ大統領は私達の側に立ってくれていると感じてしまったのだ

もっとみる