観て良かったおすすめ映画【2019年1月】

映画の感想は、ブログではなくてFilmarksにまとめています。
自分のブログに書くのは、よっぽどの作品、めちゃくちゃ良かったから、みんなにおすすめしたいと思った映画(★5点満点)です。

★5点満点の映画って、年に3〜4本くらいしかないわけで、そうじゃなくても、おすすめしたい映画はあるので、こちらにまとめたいと思います。

★4.5(5本)

『ミスター・ガラス』

自分のいるべき場所(居場所)を見つける尊さということが伝わる、非常に緻密に作られた、傑作。

『クリード 炎の宿敵』

スポ根映画は興味ないなと思う人ほど、家族を持つ方ほど、観て欲しい傑作です

『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』

自分にはコンプレックスがあると思って自信がない全ての人に見てほしい映画。

『パッドマン 5億人の女性を救った男』

失敗を繰り返しながらも、前に進んでいく姿。そして終盤の名スピーチ。とても感動しました。

『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』

Netflixオリジナル。めっちゃ新しい!選択によってストーリーが変わってくるのだけど、それだけならありそうだけど、どんだけ選択肢あるの?という点と、なかなか皮肉めいていて面白い。

★4.0(3本)

『ROMA/ローマ』

「あぁ、心に残る良い映画観たなぁ」という気持ちにさせる映画。

『バジュランギおじさんと、小さな迷子』

国同士の対立、宗教の考え方をも超える「愛」があるんだって思わせる、強い映画でした。

『恋は雨上がりのように』

キュンキュン系の青春ものかと思いきや、挫折から這い上がる二人の男女の青春を描いたとても良い映画でした。

読んでいただいて、ありがとうございます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

柏木雄介(ゆっけ/pockke)

映画メディアの広報(PR)/1986年生/本、映画/映画について語ろう会主催/Mr.childrenファンクラブ会員/爆笑問題カーボーイリスナー/ネコ好き/LINEスタンプ発売中 http://yukke1006.com

映画

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。