私がこれからの人生でやりたい3つのこと

今日は新月ですね。新月は新しいこと、やりたいことを宣言すると叶いやすいと言われているので、今日は少し先の未来に私がやりたいと思っている3つのこと、を書きたいと思います。現実化するには、まず文字にする、まず宣言すること。


普段、ここに行きたいとか、あれが書いたいということは手帳に書いているのですが、今回は内容的にすぐは出来ないけど将来必ず…!と思っているものです。


1. 海外のファシリテーターと仕事をする

これは、以前から私が願っていることなのですが、海外のファシリテーターと組んで仕事をしてみたいと思っています。私は昨年、IAF Certified™ Professional Facilitatorという資格を取得したのですが、これも「他国のファシリテーターに見つけてもらいやすくする」という狙いで取得しました。


日本では資格があろうとなかろうとどっちだっていいと思うのですが、他国の方へ「ファシリテーターとして一定基準を満たす学び、実践があります」と証明しやすくするのに資格は有効だなと思ったからです。

ちなみにこの資格は日本ではまだ20名程しか取得者がいないレアな資格です。取得が難しくてレアなのではなく!知られていないからレアという意味です…涙。


ファシリテーションの実践・知恵は残念ながら他国の方(特にヨーロッパ)が圧倒的にリードしている印象があります。私が今まで学んだファシリテーションの手法は海外からのトレーニングで学んだものや、海外のサイトを読みまくって研究したものが多いです。


「日本人ファシリテーターとしての良さとはどんなものだろうか?」考えながら(&英語とファシリテーションの技術を磨きながら)、私はいつか、他国のファシリテーターと仕事ができる日を夢見ています。


2. 女性だけで対話をする場を作る

これは長年やりたいことで、数年前から少しずつ手をつけていることでもあるのですが、私は女性だけで長めの対話をする場を作りたいと思っています。

こちらは先日書いたnoteなのですが、私は女性の身体のリズムを前提にして社会を捉え直すことが、これから先の未来に必要なアイデアを生み出す最良の方法ではないかと思っています。


数年前から女性だけの対話の場を主催したりしていたのですが、どうしてもある程度の人数で、何日か時間を使ってじっくり取り組んでみたくなりました。


この領域では、何名か一緒に主催をお願いしたい仲間もいるので、個人的には来年あたりに一度やってみようと思っています。私も社会に何かを「呼びかける」チャレンジをそろそろしてみよう、そんなところに今、います。


3. 異業種のスキルを持つ人とチームで仕事を作る

これも少し先かもしれませんが、ここ数年で自分の仕事を確立していっている感触はあるのですが、将来を見据えると何名かのチームがあってもいいのではと思うようになりました。


フリーランスの人は誰しも思うところがあると思うのですが、個人の限界=仕事の領域の限界、なんですよね。 なるべくこうならないように、私は

・1人でする仕事
・パートナーAと組んでする仕事
・パートナーBと組んでする仕事

などいくつか分けるようにしており、他にも現在、3名のファシリテーターと組んで主催イベントなどを開くようにしており、自分の力だけではない領域も経験できるようにしています。


ただ、これまで何名もペア(または数名でチーム)を組んできたのですが、考えてみると組んでいたのは

・他のファシリテーター
・コーチ
・グラフィックファシリテーター

など、領域として近いスキルを持った人たちだったんですよね。


もちろん、現在組んで仕事をしている人と働くのはすごく楽しいので、引き続き一緒に働き続けたいと思っているのですが、全く違った領域のスキルを持った人とチームを組んでみるというのも、将来的にはやってみたいなと思っています。


ここは、現在一緒に働いている人が同じように思うところがあるようなので、どんな風にするのが良いか一緒に話せたらなと思っています。


1. 海外のファシリテーターと仕事をする
2. 女性だけで対話をする場を作る
3. 異業種のスキルを持つ人とチームで仕事を作る

以上が、私の少し先の未来にやりたい3つのこと、です。何年か経ってこのnoteを見返したときに、「あぁ、あの日文字として書いてみたことから始まったな」と思うか。それとも「夢物語だったな」と思うのか。


それはこれからの私の頑張り次第といえるでしょう。私は無駄に自己信頼が高いタイプなので、必ず3つとも達成できると思います。あ、欲を言えば自分のワークショップルームも持ってみたいんだった。


それもいつか叶うといいな。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださってありがとうございました ( ´ ▽ ` )/ ♡ もし良ければシェア、感想などをTwitterやDMなどで教えていただけたら嬉しいです。 またぜひ読みにきてくださいね!

読んでくださりありがとうございました♡ お役にたてましたら嬉しいです!
7

対話支援ファシリテーター げんどう ゆうこ

「自分の本音に気づく」ための対話支援ファシリテーター。対話の場を設計したり、主催したり。これから時代の新しいファシリテーターの在り方を模索中。noteでは対話、イベント、セミナーなど場を主催する方向けの情報や考えたことを。 ブログ: http://yukogendo.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。