【連載小説】 コネクト #3

画像2


東京

 中央線の帰宅ラッシュは最悪だ。空気が薄く息苦しい上に、満員の車両に押し込まれている人々が発する体臭、香水に汗やタバコ、酒の匂いなんかが入り混り、余計に息が詰まる。

 ヒカリは自分と変わらない位大きいギターケースを両腕で抱えながら目を瞑り、ただ時間が早く過ぎるのを待っていた。

 一緒にいるバンドメンバーのジョーに目をやると、彼はベースを入れたケースの上に自分の両腕を置き、文庫本を読んでいた。

 こんな満員電車の中で彼は器用なものだ。ヒカリは彼を羨ましく思った。ジョーは自分の世界を作るのが上手だ。

 バンドの練習場所である吉祥寺から下り青梅方面に二五分、中神駅に着いた。駅から外に出るとさっきまで降っていなかった小雨が降っている。

 やっとまともに呼吸が出来る、ヒカリは深く空気を吸って吐いた。突然の雨も今のヒカリにとっては涼しく心地が良い恵の雨だ。ヒカリはタバコに火をつけた。傘を差すのは面倒くさい。

 二人はヒカリの家まで歩き出した。ヒカリとジョーは友達であり、バンドメンバーであり、恋人同士でもある。今夜はヒカリの家にジョーが泊まる日だ。

 ヒカリは二十歳、ジョーは十九歳で実家暮らしだから、お互いの家に時々泊まりに行っている。

 ジョーが空を見上げ、何の気なしにに呟いた。

「月が綺麗だなー」

「どこが?」

 ヒカリは道を眺めながら、そう答えた。月は当分見ていない。

「ヒカリ、お前って、本当にひねくれてるな」

 ジョーが呆れたような、心配のような声で言った。

「そうかもね」

 普通のカップルだったらもう少し、ロマンチックな会話になっているはずだったが、ヒカリが相手ではそうはいかなかった。

 ヒカリは空を見上げてみた。目が悪いから、月が何重にも重なり、ぼやけて見える。そのうち月は、雨雲に隠れてしまった。

 ヒカリは夜空を見上げるといつも、なぜだか切なくなる。理由なんかない。ただなんとなく、そうなるんだ。

 多くの少年少女が思春期に感じる、行く当てのない怒りや虚無感の様に見える感情のようだったが、それはヒカリにとって、似て非なるものだった。

「ねえジョー」

 ヒカリは焦点が合わない目で、ただ暗い道を眺めながら言った。

「んー?」

「私の居場所はここじゃないってたまに思うんだけど、ジョーは、そんな風に思った事ある?」

「おまえ、急にどうした?分からなくもないけどさ」

「私は、子供の頃から、そんな事ばっかり考えてるんだよね」

「お前って本当に、変なやつだよ。もしかして、宇宙人なんじゃない?」

「そうかもね」

 ヒカリは抑揚のない声で答えた。

 ヒカリはセブンスターをふかし、背丈の小さい彼女にとっては重いグレコのレスポールが入ったギターケースを、肩を丸めて背負っていた。

 ガニ股のうえ、かかとを引きずってペンギンの様に歩く癖のせいで、ジョージコックスのショートエンジニアブーツは、靴底の外側ばかり磨り減っている。

 ヒカリはジョーのほんの後ろを歩いていた。いつの間にかに雨は止み、空は晴れている。

 ヒカリはもう一度、月を見上げてみた。それは嫌味なほどうやうやしく輝いている。

 この漠然とした悩みは、いつか解決するのだろうか。

 大抵の悩みは酒を飲み、ロックを聴き、セックスをすれば忘れられる。ヒカリは単純な女だ。

 しかし、ヒカリは知りたかった。何のために私は生まれ、何をしにこの地球にやってきたのだろうか・・・。



画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

良かったらサポートお願いします💓 あなたのお気持ちが私の血となり肉となり創作意欲になります💓ありがとうございます😌🙏

わたしもスキです♡良かったらお友達にシェアしてね!
13

齋藤 優子 / こりん

長年続けた仕事をやめ、執筆/作曲/天然石販売を開始 過去にバンドのギターボーカル、退行催眠療法士、アカシックリーダー、チャネラー、SNSで情報配信等様々な経験を生かし、現在はクリエイターとして0から物作りを楽しんでます♩https://www.yukosaitoqhht.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。