グローバル教育について

13
ノート

人口降雨による気象制御

ここ最近の異常気象。 西日本では台風、北海道では地震、今年の日本は自然災害が多く発生している。 ドイツから関西の実家へも、家族みんなの無事を確認...

0

誰かを責めても何も変わらない

先日、私は生まれて初めてモデル事務所に足を踏み入れた。 息子がやってみたいというので、モデル事務所を探し、コンタクトを取ったところ、面接の案内...

0

日本の「ゆとり教育」は本当に失敗だったのか?

失敗に終わったといわれる「ゆとり教育」だが、果たして本当にそうだったのか。 私の個人的な意見だが、「ゆとり教育」自体が問題だったのではなく、「...

0
500

祖国がふたつ、#MeTwoというハッシュタグ

ドイツと日本のハーフ、コラムニストのサンドラ・ヘフェリンさんが朝日新聞GLOBE+に#MeTwoについて書いていた。 MeTooではなく、MeTwoとは一体何なの...

0

子どもの生きる力を育む「旅育」

「平成最後の夏」 そんな今年の夏の旅行先は、ギリシャのサントリーニ島。 私が旅先を決める時、ネット検索もしなければ、誰かにおススメを聞くわけで...

0

日本における「女子学生」という存在

東京医科大学での入試で、女子学生の得点を一律で減らし、合格者を操作していたことが発覚した。 以下、記事からの引用。 総合内科専門医のおおたわ史...

0

子どもの可能性を制限しないために

週末は子どもたちとボランティア活動に参加した。 ひゅうまねっとというNPO団体が主催するバザーのお手伝い。 9歳の娘も連れていくことになったが、旦那...

0

たったひとつ、その命を大切に

昨夜、眠りに入る直前に悲しいニュースが舞い込んできた。 アメリカのファッションデザイナー、Kate Spadeが自ら命を絶ったと… まだ55歳の若さであった...

0

保守的英国王室はメーガンを受け入れた

5月19日土曜日、ヘンリー王子とメーガン・マークルの結婚式が行われた。一緒に結婚式を観ていた娘が質問してきた。 「なんでメーガンがハリー王子と結婚...

0

子どもの洋服選びで親が口出しすると失う「自己決定力」

先日、9歳の娘と一緒に彼女の洋服を買いに、街まで出かけてみることにした。 H&M、C&A、ZARA、Abacrombieなど何軒か店をまわり、彼女は自分の好きな服...

0