伊東佑真(いひがし)

犬と本と映画、アジカンと中村佑介さんが好きな出版社営業。福井県の田舎生まれ。大学の専門は生物工学。酵母や大腸菌の代謝について研究していました。コルクラボに所属し、よく読書会を企画しています。noteでは、おすすめの本や、映画、日記を投稿します。がんばって週1回更新したい。

口ぐせが思考をつくっている

会社で先輩と話をしていたとき、ふいに

「いとうくんってめっちゃ「難しい」って言うよな」

と言われた。
他者になにか指摘されたとき、反発したくなることがある。違うよと。でも、この指摘には、イラっとすることも、反論することもなく、ただただびっくりしてしまった。まったく自覚のないことだった。

その日ぼくは、自分の発する言葉に注意が向いた。話しながら、「こんな言葉遣いをしているのか」「こんなリアクシ

もっとみる

人はみんな違うことを心底実感してうれしかった話

人はみんな違う。人は多様なんだ。
ぼくは、うれしくて、うれしくて、仕方がなかった。初めての感覚だった。
「人はみんな違う」ということを、はじめて心底実感したのだ。
ぼく自身も、他者と違う。ぼくは、ぼくであっていいのだ。
他者もぼくとは違う。違う存在で、それぞれに可能性がある。力がある。
そんな確信だった。
ずっと自分自身を縛り付けていた、優劣で評価する思考から一歩外に出られた気がした。

みんなと

もっとみる

あなたの人生に意味を与える本 (半分PR)

この本は、あなたに、あなたの人生の意味を与える。自分の人生を、自分の手に取り戻すための本だ。

『FIND YOUR WHY あなたとチームを強くするシンプルな方法』は、TEDトーク『優れたリーダーはどうやって行動を促すか』で有名なサイモン・シネックの新刊だ。

ぼくが働いている出版社から発売している本だから、PRのような感じもするが、きょうはこの本について話したい。それは、この本のコンセプトが、

もっとみる

今年の目標

もっと考えがまとまったら、もっと時間があったらと思っているうちに、時間だけがすぎていく。
とても遅くなったけど、今年の目標を書いてみる。

決める

まずは決める。ずるずると書けなかったのも、書くと決めなかったからだ。悪い癖だ。そうやってやりたいことがわからないとか、目標がわからないとか先延ばしして、現状維持の沼にはまっていくのだ。今年は、沼から飛び出したい。やると決める、やらないと決める。決め続

もっとみる

世界一おいしい飲み物は冬の熱い缶コーヒー

真っ青な高い空の下、コートを着込んで、「さっむ」と首をすくめながら飲む熱い缶コーヒーが、この世で一番おいしいコーヒーだと思う。
ひとくち口に含むと、冷えきった口の中の温度が上がる。歯が温められ、舌が温められ、口の中にホッと安心感が広がる。次に甘さが広がり、鼻の中では、冷たい空気とコーヒーの香りがまじる。
そして温度を感じながら、喉をゆっくりと動かす。ひとくち分、温かさが喉から胸を通って身体の中に染

もっとみる

自分を檻に閉じ込めているのは、自分自身だった。

先日、会社の先輩との1on1セッションがあった。

先輩「なにがやりたいの?」
私「やりたいこと…うーん…」

うまく答えられなかった。ある気がするのだけど、それがうまく言葉で捉えられないような感覚だった。

先輩「『ないです』と言ってもいいんだよ? でも、『ない』と言えないってことは、ないことはダメなことだと思ってない?」

いや、あるんだ。あるはずだ。いまは言えないだけで。反発する言葉が思い浮

もっとみる