【イマドキ若者カップル事情②】 インスタ共有アカウントを作るカップルがいるって知ってる?

流行語に「インスタ映え」が選出されるなど、昨年はInstagramが大流行していました。
そんな中、Instagramの共有アカウントを作って利用しているカップルがいるのをご存知ですか?

今回はそんなインスタ共有アカウントについて話しました!


■ インスタ共有アカウントをはじめたきっかけ

ゆめめ ほっちのところはインスタ共有アカウント持ってるって言ってたよね?

ほっち うん!付き合って大体2ヶ月くらいかなー?そのくらいではじめた!

ゆめめ なんで作ったの?

ほっち んとね、お互いすごい写真が好きで、撮るのも撮られるのも好き同士なのね。で、わたしが異常にインスタ好きでしょ?(詳しくはこちら)だから、会話がよくインスタのDMで行われることがあったの。「この写真見て!」とか「これすごい素敵な撮り方だね!」とか。そしたらすごい、お互いの好みがわかるようになっていって。この会話すごいもったいないし、お互いがいいと思った写真をストックさせたいなーって思ったのがきっかけ!

ゆめめ へー面白い。お互い写真好きだとそんな会話になるのか。

ほっち そうそう。それで、ストックしたいけどスクショするのはめんどいよねって言ったら向こうが、じゃあインスタの共有アカウント作って、そこの保存機能でストックさせる?って提案してくれたの!わたしは前に、インスタ共有アカウントを持ってるカップルの話を聞いたことがあったから、すんなり受け入れられたし、とってもいいアイデアだなって思って、提案してくれてすごく嬉しかったよ!

ゆめめ なるほどねー、なんか面白そう!


■ 共有アカウントの使い道とは

ゆめめ で、実際使ってるの?

ほっち 使ってる!保存機能のところは、「2人で撮りたい写真」とか「撮ってほしい写真」とか「行きたいところ」みたいにコレクションを分けて、そこにお互い保存しておくの!(参照1)そうすると、後で見たときに、「あーこんな写真が好きなんだ!」とか思ってすごく面白い!

参照1 インスタの保存機能のスクリーンショット

ゆめめ すごいなそれ。保存機能だけで、普通の投稿はしないの?

ほっち 投稿もしてる!それは、なんか一種の思い出集めみたいな感じで、デートの写真を載せて、日記みたいにお互いデートの思い出や、相手への想いをコメントに書いて伝え合ってるの!(参照2)共有アカウントをお互いの自分のアカウントでフォローしていて、自分の普段使っているアカウントでコメントし合ったりもする!

(参照2 共有アカウントでの思い出投稿例)

ゆめめ なるほどね!交換日記してるみたいってことね!やばい、話聞いてるだけでキュンキュンがやばいんだがwww LINEとかでデートの感想だったり相手への思いを伝えるのは小っ恥ずかしいと思っちゃう私なんだけど、Instagramで写真を見ながら伝えられるのはいい!めっちゃいい!

ほっち あーそう、交換日記って感じ!お互いそういうのが好きなんだよね。まぁほぼわたしが投稿するけど笑 写真とテキストをうまくリンクさせている感じがとても面白くて、LINEにはない体験なんだよね。
向こうが部活で遠征とかあるから、そういうときに寂しくならないように見返したりできる場所があったらいいなぁーとか思ったりもしてた!

ゆめめ 寂しくならないようにか、、、可愛すぎる。(笑)

ほっち あとはストーリーズもたまに使う笑 スナチャも使うんだけど、なんかたまに新鮮な感じにしたい時とか、2人で共有したいものとかはストーリーズに載せたりしてる。

ゆめめ 面白いなぁーほっちのカップルはいろんなツールを自分たちの好きなようにアレンジして使うのが上手だよね!本当にデジタルネイティブ世代カップルやわ!楽しそう!

ほっち 今は試行錯誤している最中で、いろんなアプリ使って使いやすいもの探してるって感じかな!インスタ共有アカウントはインスタ好きなカップルには是非オススメしたいな!


■ まとめ

・タイムライン(フィード)の投稿では、交換日記をしている感じでお互い投稿し合っている
画像とリンクさせて想いを伝えられるのがLINEではできない体験

インスタのDMで頻繁にやり取りしていたり、インスタのスクショをよく共有するカップルは是非試してほしいです!

ではまた次回もお楽しみに✨

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けましたら、ゆめめとほっちの打ち合わせ場所が1杯のコーヒーをいただくカフェから、至極の1杯をいただけるラーメン屋さんにレベルアップできます。

❤︎!スキ返し!
15

イマドキ若者カップル事情

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。