【ぴくっ14 アルバイトをする。ぺるっ!死なないで!】

ぼくは次の進路として、
ギターか作曲の専門学校への進学を考えていました。
各学校のパンフレットを大量に請求しました。
そのほとんどの専門学校の入学資格が、
中卒でよかったのです。
学費は到底母が出してくれそうにありませんでした。
奨学金制度というのがあり、
専門学校の寮に入り、
新聞の朝刊と夕刊を配達するのが義務のようでした。

これまで総てを挫折してきた男が、
毎日新聞配達するなんてまるでつとまらんなぁと解っているのに、
専門学校で作曲の技術を習っている光景ばかり夢想していました。
そして妄想の休日を延々と過ごしていると、
「いい加減なにかアルバイト探しなさい!」と母が怒り、
渡された求人募集のたくさん載っている広告を見て、
近所の泡嶋商店街にあるお好み焼き屋に決めました。

ぼくは元来言葉遣いだけはハキハキと丁寧でしたので、
面接ですぐに採用され翌日から出勤となりました。

アルバイトが始まりました。
そのお好み焼き屋は店員が焼くのではなく、
お客自身でひっくり返して焼く仕組みで、
店側ではお客に渡すための金属製の容器に
具材を詰めておくわけですが、
何度教わっても、
エビ玉、イカ玉、豚玉、モダン焼などの各々の具材の区別がつかないばかりか、
ときおり「ブッ、ブッ」と唾を吹くチックをするのですから、
店側としては大変な人材を入れてしまった、
となるわけです。

この続きをみるには

この続き:936文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

チック症トゥレット症候群患者、 張本人による自叙伝です。 トゥレット症候群を発症した小学高学年から、 30代くらいにかけての記憶を辿っ...

または、記事単体で購入する

【ぴくっ14 アルバイトをする。ぺるっ!死なないで!】

夢野ナオ(夢野メタ)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

超大吉!!

夢野ナオ(夢野メタ)

夢野ナオ(夢野メタ)と申します。 作家・エッセイスト志望です。 持病のチック症トゥレット症候群の 長年の首振り動作などにより、 頸髄損傷し全身不随となりました。 障害者施設に入所しています。

チック-MEN わが奇妙な青春時代

チック症トゥレット症候群患者、 張本人による自叙伝です。 トゥレット症候群を発症した小学高学年から、 30代くらいにかけての記憶を辿っていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。