「短歌人」2018年12月号掲載作品

朝霧に隠れて逢ひにくるひとのあるがごとくに窓に倚りをり

夢のうちに雨が降るときいつもいつもあなたが雲であるといふこと

朝くれば窓を開きて夕されば窓を閉ざして さみしくはない

部屋ぬちにものを読み書きして過ぐすひと日ひと日で編む花鎖

ふきげんの声音に触れてさびしかりとほりすがりの人とはいへど

(会員2欄 冨樫由美子)

#短歌 #短歌人

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

冨樫由美子

短歌作品

主に「短歌人」誌に掲載された短歌作品です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。