「将来、Jクラブで働きたいけど、どう動いていいか分からない」そんな学生に向けて

初めてnoteを書きます。

どんなタイトルを付けようか悩みましたが、ど直球に付けてみました。

このnoteでは、タイトル通り「将来、Jクラブで働きたいけど、どう動いていいか分からない」という学生に向けて、今、実際にJクラブで働くことを目標に活動している私の考え・意見を共有したいと思います。



学生のうちに行動を起こし、学生のうちに経験を積むことの大切さ


これは、いま私が一番感じていることです。
学生のうちに知識やスキルを身につけてマイナスなことはありません。
ここでの"学生"は大学生に限らず高校生も含みます。

高校生でも、ボランティアとしてクラブに関われるところも多くあるはずです。
私も、ボランティアを経験しクラブが企画したプロジェクトにも一期メンバーとして、地元のクラブに関わらせて頂きました。そこで得た知識と繋がりは今でも生かされています。

高校生でこれだけ出来ることがあるくらいなので、大学生はもっと多くの経験を積むことが出来るはずです。
ただ、それは"行動すれば"の話です。
ボランティアにはもちろん参加できるし、クラブによっては地元の大学生と協力して大学生向けの企画を行なっています。ボランティアなどでもクラブ関係者と話せる機会は充分あります。
また、先日 新潟や福岡で行われたスポーツビジネスのイベントにも、多くのクラブ関係者の方が登壇したり参加されたりしたいました。
クラブの方と関われるチャンスは意外と近くに転がっているものです。こうしたチャンスをいかに自分のものに出来るかは、自分の行動・意識次第だと強く思います。



インターンに行き、ギャップを知る


Jクラブのフロントスタッフで働きたいって人の最初は憧れだと思うんです。
"自分が思い描くイベントやグッズ考えて、広報ではチームに帯同してクラブやチームの魅力を伝える"
サポーターから見える部分はかっこいいものかもしれません。私もそうでした。
しかし、それはその方の仕事の一部です。
実際に、私がインターンに行ったクラブでは、一人の方が部署をいくつも兼任していたり、広報の方でも試合当日はゲートで列整理をしていたりしました。
試合が近くなると、ポップを作成しラミネートする作業や、試合前日や当日準備の力仕事など地味な作業もたくさんあります。

こういったことは、インターンに行き社内を直接見ないと分かりません。
何も知らないまま求人が出ているところにタイミングよく就職できても、理想と現実のギャップについて行けません。
それが好きなクラブなら尚更です。
インターンに行き、どういうクラブなのかを自分で確認してみてください。



どうやってJクラブのインターンに行くのか


これには、いくつも方法があると思います。

私の場合は、学校のつながりからインターンに行かせていただきました。
私の通うJAPANサッカーカレッジという学校は、多くの先輩方がJクラブで働いています。
その先輩方に先生を通しお願いする場合や、先生方とクラブスタッフのつながりからインターンをお願いする場合もあります。
他にも、講義に来てくださる外部講師の方と名刺交換を行い、そこからインターンにつなげることも可能です。
つながりに関しては、かなり幅広いものがあります。そこがこの学校の強みなのかなと。

しかし、クラブによっては受け入れを断られることもあります。
そういったクラブの中には、「大学との提携があり、その大学からしか受け入れない」という理由もあるみたいです。
逆に、どうしてもそのクラブにインターンに行きたいのなら、その大学に行けば良いのではないでしょうか。(インターンに必ず行けるとは限りませんが)

また、求人サイトに長期インターンや短期インターンの募集を出すクラブもあります。
募集が出てなくても電話してみたりメール送ってみたり、試合会場や練習場に行きクラブスタッフに声をかけるなど、きっかけは何でも作れます。(クラブスタッフにとっては迷惑かもしれないけど…)
最近は、SNSで簡単につながれる時代ですし。

まず一つ、アクションを起こしてみてください。アクションを起こさないことには何も始まりません。

ただ、今回クラブの方に聞いた話だと、やはり夏休みなどの長期休暇に応募が集中するそうです。
もちろん、クラブ側も人数制限を設けるだろうしクラブ側のタイミングというものもあります。
そういったことも考えてインターンをお願いすると良いかもしれません。



時間を見つけて行動する


「やりたい」「行きたい」と思ったら実行すること。

これは私の頭の中に常にあるものです。
私は、一度悩むと、あれこれ理由をつけて諦めてしまうことが癖になっていました。そのせいで後悔したことが何度もあります。

最初の項目と似てしまいますが、学生のうちはいくらでも動けます。
「時間がない」「お金がない」は言い訳だと思ってます(笑)
時間がないなら作れば良いし、お金がないならバイトすれば良い。
やりたいことがあったらやってみてください。行きたいとこがあったら行って、会いたい人がいたら会ってください。
理由をつけて諦めると後悔します。
絶対します。

経験は失敗でも成功でもマイナスにはなりません。
なので、どんどん動いてみてください。
行動次第でチャンスもつながりも広がると思います。

と、こんな感じで書いてみましたが文を書く能力が低すぎてまとめきれない(泣
ここまで読んでくれた方、本当にありがとうございます。(誤字脱字があれば見逃してください笑)
もっと文を書く練習をします!
一人でも良いので、このnoteが役に立ったと思う方がいたら嬉しいです。

ありがとうございました!
またnote書いてみます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

32

yumi.

福岡→新潟(JAPANサッカーカレッジ ビジネス科卒)99年の早生まれの20歳。双子の妹の方。

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

由美香さん、はじめまして!
行動力大事ですよねー。
「自分が思い描くイベントやグッズ考えて、広報ではチームに帯同してクラブやチームの魅力を伝える」に憧れた経緯など、知りたいです!!
もし、またnote書くタイミングがあったら是非教えてください ^o^
素晴らしい。きょんくんしかり、今後のアビスパ福岡のサポーター界隈が楽しみになってきました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。