愛を込めて叫ぶ、川崎が好きだから。

第5節、松本山雅FC戦にいってまいりました!
一人での参戦は去年の長居ぶりで(いつもは夫と行っているのですが)、かつ行ったことのない初めてのスタジアムで、色々戸惑うところもありましたが、結果最高の遠征となりました(*^^*)
朝6時に家をでて、立川からあずさ1号にのり長野へ。途中先に行かれているフロサポさんの「塩尻のほうがバスが空いているし早い」という情報を得て松本まで特急券は買ってましたが突如途中下車。結果、塩尻からスムーズにアルウィンまで行けました!
色々出会えた方もいましたし、試合自体も面白かったですが、試合の感想というよりもそれにまつわる、私が感じたことを今日は記載してみます。

久しぶりの勝利

1節から4節までご存知の通りフロンターレは勝ちなしで、前節はついに負けてしまったというところもあり、サポーターの空気もだんだんと不穏になってきたというのを肌身で感じていました。SNSとかだけじゃなくてスタジアムでもヤジが多くなったり、フラストレーションが溜まっているような空気が漂っていて…だからこそ、「勝ち」がとにかく欲しかったというのは、選手もチームもサポーターも一緒なんだなと思います。

このツイートもしたとおりなんですが、私はブーイングが反対というよりも、ポジティブな言葉のほうが人を動かすんじゃないかと思ってる派ってだけで、チームに対しての想いとか感じ方は人それぞれなのかなと。ブーイングも選手によっては闘志を沸き立たせるものなのかもしれないですし…
以下の駄文も、あくまで私の観点で、っていう感じですm(__)m

サポーターとは何なのか

久しぶりにチームが勝って、何が自分の喜びなのかを考えた時に、一個結論のようなものがでまして。人にとっての楽しさとか喜びなんでものはいくらでもあるし人それぞれ違うので、私のはほんの一例ではあるのですが、やっぱり私はあの勝ったときの、選手とサポーターのチームの一体感が好き。

細かい戦術とかは分からないけど、分からないなりにもフロンターレのサッカーは他のチームと違ってわくわくして好きだし、選手それぞれの個性も大好きだし、なんならマナブくんは死ぬほど好きですが笑、やっぱりチームとして他のクラブと戦い、勝ち負け・順位という明確な結果がでる世界で、きっと自分は何かをフロンターレと一緒に背負いたいんだと思います。客観的にその結果を眺めるだけではなく、自分ごととしてそれを捉えたい。マナブくんが好きで応援したいのも、彼がサポーターが知らないところで抱える努力とか苦しみとか想いとか、そういうのを特別に他の選手よりも私は共感したくて、同じように背負いたいと感じてるんだと思います。実際1ミリも背負えてないんですけどね…(;´Д`)あくまで主観的な、感覚的なものです。

アウェイに行くのだってお金や時間もかかるし勝手に自分が決めたことだけど、やっぱり現場で彼らの想いを一緒に感じて、空気を感じて、もっと言えばそんな空気を作りたいと思う。実際スタジアムの空気が選手の後押しになっているのかどうかなんて、サポーターからではわからないけど、そう言ってくれる選手も沢山いますし、そういう雰囲気が好きでスタジアムに通いたくなる私みたいな人もいるんでしょうから、巡り巡って間違いなくチームのためになっているんだと思います。もともとベガルタにハマってベガサポになったのも、間違いなくサポーターが作っていたあの空気と一体感が好きだからでした。

どんな時でもここにいる

なんでこんなことを考えたかというと、ツイートもしたんですが、これがきっかけです。

どんな時でもオレたちはここにいる
愛を込めて叫ぶ 山雅が好きだから

https://www.youtube.com/watch?v=2S_tAm565F8
アルウィンで対面にいる山雅サポさんが歌っていたこのチャントが結構私の中で刺さって、メロディが素敵だったっていうのもあるんですけど、この歌詞もすごくいいなと思いました。
勝ってる時でも、負けてる時でも「どんな時でもここにいる」っていうのがやっぱり最後はサポーターの価値なんじゃないかなと。
彼らと同じ辛さ、苦しみを背負えるからこそ、同じ喜び、楽しさを感じられるんじゃないかなと思います。だからこそ、この山雅戦の勝利は本当に嬉しかった。
阿部ちゃんが素晴らしいスキルを持っていることを知りながら、ケガもあったり、いろんな事情でしばらくスタメンではなかったことを知っているサポーターが沢山いるからこそ、彼の活躍がめちゃくちゃ嬉しいように。知念くんが、悠さんとかダミアンをベンチに置いて先発するプレッシャーを感じながらピッチに立っていて、なかなか結果が出せないことに苦しんでいたことを知っているサポーターが沢山いるからこそ、彼のゴールにめちゃくちゃ価値があるように。

こういうカタルシスって、簡単に感じられるものじゃなくて、日々いろんなことにやきもきした経験があるからこそ、そしてあの場の空気があるからこそ、体験できるものなのかなと思います。

カタルシスといえば、この曲の歌詞も大好きでした。RADの「カタルシスト」という曲です。ワールドカップのフジTVのテーマ曲なんですが…
https://www.youtube.com/watch?v=czWpz8gH7eY

君と走り抜ける風に 乗れば勝てない痛みなど
ないとただ愚かなほどに 信じれる心があるよ
僕が叫ぶこの声には たとえ意味などなかろうと
君にただ届けと願う 心が叫ぶのやめないの
願うだけ ただ願うだけ 君の夢が咲き誇るまで
願うだけ そう願うだけ 君の夢は僕のでもあるから


君の夢は僕のものでもあるから、っていうのは、想いを背負いたいっていうのと同じ感じかなと思っています。たとえ意味はなくても、応援する心を止められないっていうの、めちゃめちゃ共感しちゃいました。

だって、マナブくんがピッチの上で活躍するのが、私の夢でもありますから。(キリ)

とはいえですよ

もう本当に単純にレベルの高いサッカーを見るのが好き、その選手のプレーをみるのが好き、外見が好き、とかとか、そういう理由の応援もめちゃめちゃあると思いますし(何ならそういう方が多いのかな…(;´Д`))、こんな暑苦しいやつやべえwwwキモwwwって思う人も沢山いると思うので、何が正しいとかってわけではないのですが!そして確かに私はキモいです!!笑

でも勝ってるチームが好きなのではなく、フロンターレが勝って、選手が喜んでいる笑顔を見るのが好き、っていう方も絶対いると思いますし、私がサポーターになる前から感じた、あの熱くて温かい空気は、そういう想いが集まって成り立っているのではないかな、と思います。

そんな暑苦しい想いを、極寒のアルウィンで感じられて、体温と心の温度の乖離は激しかったですが爆、総じてすばらしい遠征体験でした(#^^#)

次は今週金曜日のセレッソ戦!!大苦手なセレッソ相手ですが、ぜひとも熱い空気を作り出して、後押しできたらと思います!午後休とりました!!笑

マナブ選手のケガの調子どうかなー><!そういえば、先日ついに初麻生にいってきまして、めちゃめちゃ早い誕生日プレゼントと手紙を渡してきました!!テンパリすぎて3/30なのに誕生日おめでとうございますとか言って渡してしまった勘違い野郎なのですが、生マナブくんは最高で最強で、まわりに♡がみえました。爆

ではまたいつか書くかもしれません!
お付き合いありがとうございましたm(__)m

読んでいただきありがとうございます(*^^*)♡
30

ゆみれら

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

コメント2件

いい文章でした。
セレッソが苦手ではなく尹晶煥が苦手だったので金曜は大丈夫なはず!!
ご覧いただきありがとうございます!!
なるほど!!ではもう勝ち点3頂くしかないですね!!笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。