ゆうむ@本質好きな人

鹿児島でバイオアナリスト→マレーシアでメカトロ。APUの大学留学生です。マレーシア×留学情報が満載のブログ「えんがわトーク(https://engawa-talk.com/ )」運営。えんがわが好きです。Twitter: https://twitter.com/yumun216
固定されたノート

マレーシア大学留学が代理店なしでできる方法【完全版】

はじめまして、マレーシアの大学に個人で留学したゆうむです。

マレーシアに留学したくても、
「手続きってどうすればいいの?」
「代理店に使うお金を少しでも節約したいし…」
「そもそも代理店使わなくても留学ってできるの?」

こんな風に悩んでいませんか?

結論からいうと、代理店を使わずともマレーシア留学はできます。よく考えてみれば、日本の大学へ行くのに代理店なんて使いませんよね。何か分からないこと

もっとみる

世界は「モノ語」で溢れ創られてることに気づく

「言語」と聞くと何を思い浮かべるだろう。たぶんみんな共通にしてイメージするのは、「日本語」とか「英語」とかの言葉のことだと思う。それをもっと細かく表現すると、「国というコミュニティー内の人たちが共通にして使う音の振動や文字」だと言える。それは人と人が意思疎通する時には必要不可欠なもの。でもそれだけじゃない。人間が生活する中で触れる言語はもっとありふれて存在する。

ちょっと見回してみれば分かる。例

もっとみる

スピード感には心踊らせる才がある

ぼくは速いスピードが好きだ。速いものを見ると踊るような興奮とあらゆるものを吹き飛ばす爽快感を覚える。これは、どうしてだろう。

ただ単にそれが格好いいという感情が乗っかっているからかもしれない。昔、はっきりとした爽快感を感じたのが「孫悟空」の映画だった。香取慎吾が演じた孫悟空が雲に乗って敵に向かってものすごい勢いで飛んでいく。そんな映像を見た途端、自分の髪が後ろに吹き飛ぶほどの強風が現れたような

もっとみる

日本人のビジネスイメージを更新せよ

ビジネスについて嫌な感覚を覚える人がいる。でもそれは反射的なもので自分の頭で考えた感覚じゃない。家族の感覚が自分に伝わってるんじゃないだろうか。ぼくの家族だってそう。ビジネスの話になるとまるでスイッチがあるかのように嫌な顔をする。

また、詐欺の横行や悪徳商売のあるせいでビジネスは悪いものなんだという意識が刷り込まれてしまった。さらに学校教育でも教わるのは「騙されない技術」。つまり悪徳商売に対

もっとみる

歌を5次元的に楽しんでみる

歌の楽しみ方を考えることがある。楽しみ方というかいつのまにか楽しんでるって言った方がいいかな。ぼくの結論として、歌は5次元的に楽しめる。歌ってマクロの目で見るとそれが一つの芸術作品として完成しているように思える。でもそれをミクロの視点で見るとまたいくつもの要素が複雑なバランスで共存してる。だからそれを細分化して着目するとまた違った楽しみ方ができる。

ちょうどワインを飲むときにワインボトルやグラス

もっとみる

感覚を研ぎ澄ませると、そこに"質量"を感じるのはなぜだろう

最近、自分の感覚に気を配ってる。気を配ってるというか、じっくり観察するというか、楽しむというか、とにかくそんな感じ。一番しっくり来る表現は研ぎ澄ませる、だと思う。

パスタに感じる情報の流し読み

例えば、今ちょうどレストランでパスタを食べたところだけど、そのパスタの味をじっくりと観察してみた。文字通り味わってみた。

すると、パスタに使われている麺の食感や弾力、味から噛みごたえまで様々な感覚があ

もっとみる