パリ節約自炊生活 鶏モモスパイシーグリル、バジル風味パスタ

日本人の多くが四半期に一度罹患する慢性病に旦那様が罹患してしまったようで、突如「ケンタッキー食べたい」と言い出しまいた。KFCはフランスにもありますが、節約自炊生活的にはなるべくKFC風の味を再現し鶏モモ肉のスパイシーグリルを作りました。
なぜかフランスでは骨付き肉ほど安く、日本で当たり前の“鶏もも肉”が骨付き肉の2〜3倍もするので今回は骨付き肉で作っていますが、日本ではお得な鶏モモでも同じ味に仕上がりますので、ぜひ試してみてください。揚げずにオーブンで仕上げるのもポイントです♪

【夕食】鶏モモ肉のスパイシーグリル
この料理、我が家では何度か作っていますが、簡単な上に、もう店が開けるんじゃないかと激しく勘違いするくらい本当に美味しいのでおすすめです。水は全く加えていないのに、オーブンから出す頃には鶏と玉ねぎから出た旨々のスープでヒタヒタになり、たまらなく美味しいです。ぜひ時間のある週末にでも試してみてください。

材料(2人前):
鶏モモ骨付肉 2枚(骨付きでなくても全然OKです)
玉ねぎスライス 1/2個
※すり下ろしニンニク・塩・胡椒・顆粒コンソメ 適量

作り方:
①オーブンは220度に予熱しておきます。
②耐熱皿に鶏モモ肉を並べて、※の調味料を適量すり込みます。
③鶏肉も周りにスライス玉ねぎを並べて、オリーブオイル(分量外)を適当にぶっかけ、予熱したオーブンに入れて30〜40分放置すれば出来上がり!

【昼食】バジル風味パスタ
こちらも久々のバジル風味パスタ。作り方を書くほどもないほど簡単で、ニンニクみじん切り・ベーコン・玉ねぎを炒めてバジルソースを加え、茹でたパスタを絡めれば完成です。バジルソースはパスタにも副菜にも使えるので我が家の常備調味料です。日本でよく見るバジルソースより色がくすんでいる気がしますが、おそらく着色料が入っていないためだと思います(見た目は完全に素パスタですね…)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
24

yukakudo12

パリ節約自炊生活

2018年4月から旦那様の仕事の関係でパリで生活することになりました。素敵なカフェやビストロに目移りしますが、日々の生活も工夫すれば楽しいはず!ということで、節約自炊生活に関するあれこれを綴っていきます。 ゆるいルールとして、1日2人分3食で15€(約1,900円)以下を目...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。