転売ビジネスで「無在庫販売」をするには?

どーも、ゆのきちです。

転売には大きく分けて、「無在庫販売」と「有在庫販売」という形態があります。

それは以下のnoteでも触れているとおりです。

そこで、このnoteでは、「無在庫販売」をする方法についてお話していきたいと思います。

在庫リスクがないというメリットがある無在庫販売ですが、これに取り組んでみたいのであれば、まずはこのnoteで基礎を学んでみてください。

それでは参ります。


転売ビジネスで「無在庫販売」をするには?

無在庫販売をするのであれば、それが許される「販売先」を利用する必要があります。

というのも、転売でよく利用される販売先である、ヤフオクやアマゾン、メルカリなどは、基本的に無在庫販売が禁止だからです。

そういう場所でも、少しウラをかけば無在庫販売は不可能ではありませんが、アカウント停止などのリスクが伴いますのでおすすめできません。

たとえばヤフオクでも、やり方次第で無在庫販売はできるものの、それがバレてアカウント停止となった場合、アカウントを再度取得するのが困難になってきます。

要するに、無在庫販売どころか、二度とヤフオクで転売ビジネス自体ができなくなる可能性があるということです。

それを避けるためにも、無在庫販売をするのであれば、それが許される販売先を利用するようにしてください。

その上で、どの販売先を利用すれば良いのかというと、私が推奨しているのは以下の2つです。

・BUYMA(バイマ)
・独自ネットショップ

それでは、この2つを補足していきたいと思います。


BUYMA(バイマ)

BUYMAとは、主に海外のファッション製品を出品できるプラットフォーム(販売先)です。

・BUYMA 公式サイト

その都合上、出品できるのは基本的に「海外商品」となるため、転売ビジネスの中でも国内転売ではなく、以下で言及している「輸入転売」というスタイルで取り組むことになります。

まあ、輸入転売といっても、英語ができなくても普通に取り組めるものですので、あまりそのあたりは気にされなくて良いと思います。

そんなBUYMAですが、プラットフォーム自体が無在庫販売を認めているため、堂々と無在庫販売に取り組むことが可能です。

BUYMAで出品できる商品は基本的に、ファッションアイテムのみとなりますので、もしそれ以外のジャンルで無在庫販売したいなら、次項で言及する「独自ネットショップ」にトライする必要があります。

なお、BUYMAでの無在庫販売で稼ぎたい、極めたい、そんなあなたのために、以下のような企画をご用意していますので、興味があるようでしたらチェックしてみてください。

では、次の補足に移ります。


独自ネットショップ

独自ネットショップとは、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのモールに出店するのではなく、自前で構築したネットショップのことです。

この独自ネットショップは、要するに「自分のお店」なので、販売ルールなども全て自分で決めることができます。

なので、無在庫販売も当然ですが、やり放題ということになります。

『ネットショップの構築なんて、そんなスキルありません・・・』

なんて声も聞こえてきそうですが、それは心配無用です。

なぜなら、「BASE」や「カラーミーショップ」といった、詳しい知識がない初心者でも簡単にネットショップを構築できるサービスがあるからです。

こういったサービスを利用すれば、パソコン初心者のような方でも、用意されたマニュアル通りに進めていくことで、問題なく独自ネットショップを作ることができます。

なので、「構築」という面では一切心配する必要がないと思いますが、一つネックになってくるのが、「集客」の部分です。

自前の独自ネットショップは、ヤフオクやバイマなどのプラットフォーム、ならびに楽天市場やYahoo!ショッピングなどのモールとは違い、自分でお客さんを集める必要があります。

上記のプラットフォームやモールであれば、その”場”自体に、すでにお客さんが集まっていますので、集客などを気にする必要はそんなにありませんが、独自ネットショップは集客から自分で行なう必要があるわけです。

お客さんが来なければ、どんなに良い商品を出品しても売れることはありませんから、いかに集客するかが課題になってきます。

そういう意味では、転売ビジネスの数ある販売先の中でも、最も難易度が高いのが独自ネットショップと言えるでしょう。

なので、ある程度の覚悟を持って取り組む必要がありますが、前述したように「販売ルールなども全て自分で決めることができる」という大きなメリットがありますので、取り組む価値は十分にあると思います。

販売ルールを自分で決めることができるということは、無在庫販売ができるのはもちろんのこと、

「お客さんから先に商品代金を頂いて、そのお金で仕入れをする」

ということすら可能になるからです。

BUYMAで無在庫販売をするにしても、お客さんと販売者の間には、運営側(BUYMA)が介入しますので、そこまで自由にビジネスできるわけではありません。

売上金が入金されるのは、商品を届けた後、一定期間を経てからになりますので、どうしても「資金繰り」という問題は発生してしまいます。

ところが独自ネットショップの場合、お客さんと販売者との間での直接のやり取りになりますので、商品代金を先にいただき、それをもとに仕入れをする、なんてこともできるわけです。

ネットショップ上には、

「注文を受けて、ご入金があり次第、海外からお取り寄せいたしますので、お届けまでに○○日程度を要します。」

と記載しておけば、「代金を先に頂くスタイル」で販売することが可能になります。

これによって、資金繰りという概念すらなくなりますので、理論上、資金ゼロでも青天井で稼ぐことができるのです。

サラッと言いましたが、これはかなり大きなメリットになってくると思いますので、独自ネットショップは難易度も高いですが、それだけ取り組む価値もあると思います。

なお、ネットショップに関するノウハウなどは、機会があればこのnoteで公開するかもしれません。

ですが、ネットショップのノウハウを確実にゲットしたいのでしたら、下記でご案内している「メルマガ講座」の方を受講されるのが近道です。

上記のメルマガ講座では、転売ビジネスのノウハウはもちろんのこと、今回説明した独自ネットショップに関するノウハウも配信していますので、興味があれば参考にされてみてください。

というわけで、今回のnoteは以上となります。

それでは。


>コンテンツ一覧へ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

輸入転売のノウハウ集

輸入転売で稼ぐためのノウハウやコツ、テクニック等をできるだけ分かりやすくnoteにまとめています。稼ぐ術を身に付けたいなら、ぜひ目を通してみてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。