クレジットカードを作れない人が輸入転売ビジネスを行なうには?

どーも、ゆのきちです。

当noteで主に解説している輸入転売ビジネスを行なう際には、「海外のサイトからインターネットで商品を仕入れる」という必要がありますので、その決済の手段として、

「クレジットカード」

が必要になってきます。

「国際送金」でも、決済できない事はないですが、手数料が高いですし、手続きが結構面倒ですので、あまり現実的ではありません。

そういった点を加味すると、やはり輸入転売ではクレジットカードでの仕入れ(決済)がポピュラーな手段となりますが、人によっては、

『諸事情で、クレジットカードを作る事ができない・・・』

という事もあるかと思います。

そんな人が、輸入転売ビジネスを行なうにはどうしたら良いのか・・?という事について、今回のnoteで言及していきますので、良かったら参考にしてみてください。

それでは、参ります。

クレジットカードを作れない人が輸入転売ビジネスを行なうには?

結論から言いますと、

「VISAデビットカードもしくは、JCBデビットカードで仕入れ(決済)する」

という手段が、クレカを作れない人におすすめです。

デビットカードとは、引き落とし用の口座に入金されている金額の範囲内でのみ決済できるカードであり、「審査不要」で作成する事ができるからです。

審査不要なので、諸事情でクレカを作れないという人でも、デビットカードなら作れると思います。

メインブログの方でも触れていますが、私自身、事情があってクレジットカードが作れない状況でしたが、それでも問題なくデビットカードを作る事ができました。

そして、そのデビットカードを利用して海外から商品を仕入れていますが、何のトラブルもなく、商品を仕入れる事ができています。

VISAデビットカードなら、VISAのクレジットカードと全く同じ流れで決済できますし、JCBデビットカードなら、JCBのクレジットカードと全く同じ流れで決済する事ができます。

なので、クレカを作れないという人でも、デビットカードを利用する事で輸入転売ビジネスは普通に実践可能なんです。

ですから、もしあなたが、

『クレカが作れないから、輸入転売をやるのは無理なのでは?』

なんて思っていたとしたら、デビットカードを利用する事で解決しますので、どうぞ安心してください。

なお、前述したように、デビットカードにはVISAとJCBの2種類がありますが、特別な理由がなければ、VISAデビットカードを作るようにしましょう。

海外のサイトから商品を仕入れる(決済)する際、JCBに対応していないケースが多いからです。

まあ、JCBは日本のブランドなので、当然と言えば当然ですが・・・。

ところがVISAはグローバルなブランドですので、ほぼ全てのサイトがVISAに対応しています。

よって、輸入転売の仕入れ用としてデビットカードを作るのであれば、VISAの方を作っておけば問題ありません。

VISAデビットカードを作る際ですが、インターネットで「VISAデビットカード」と検索すれば、いくらでも申し込みページは見つかりますので、そちらから手続きしてみてください。

というわけで、以上となります。

「クレジットカードが作れない人は、デビットカードを利用して輸入転売に取り組みましょう。

という事が、今回のnoteにおける結論でした。

それでは。


>コンテンツ一覧へ

>私が発行しているメルマガ講座について


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

輸入転売のノウハウ集

輸入転売で稼ぐためのノウハウやコツ、テクニック等をできるだけ分かりやすくnoteにまとめています。稼ぐ術を身に付けたいなら、ぜひ目を通してみてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。