海外から商品を輸入する際の、英語の住所の書き方

どーも、ゆのきちです。

海外のサイトから商品を輸入しようと思った場合、当然ですが、日本語を使う事はできません。

外国語を利用する形になりますが、ほとんどの場合、「英語」を利用する事になると思いますので、このnoteでは、英語の住所の書き方を説明していきます。

海外サイトから商品を輸入(購入)する際は、発送先の住所を必ず入力する必要がありますので、これから説明する住所の書き方を参考にし、商品を輸入してみてください。

それでは、参ります。


海外から商品を輸入する際の、英語の住所の書き方

まず結論みたいなものを先にお伝えすると、

「住所を後ろの方から記載していく」

というのが、英語での住所の書き方です。

とはいえ、これだけだと分かりづらいかと思いますので、以下に具体例を挙げます。

【日本語住所】
〒123-4567 東京都渋谷区代々木1丁目2番3号 渋谷マンション123号室

【英語住所】
#123 Mansion Shibuya , 1-2-3 , Yoyogi , Shibuya-ku , Tokyo , 123-4567 , Japan」

日本では、住所を郵便番号から書いていくと思いますが、英語で書く場合は、後ろの方から記載していくというわけです。

部屋番号の前には「#」を付け、それぞれのパートを「,(コンマ)」で区切るのが一般的です。

英語で住所を書くと言っても、この程度のものなので、簡単に書く事ができると思います。

ただ、海外サイトに発送先住所を入力する場合、ほとんどが以下のような入力欄に分けて入力していく必要がありますので、以下についても参考にしてください。


Post code/ZIP

「Postcode」や「ZIP」という項目は、郵便番号の事です。この欄に郵便番号を入力してください。

Prefecture

「Prefecture」という項目があった場合、これは都道府県の事を指しています。この欄には都道府県を入力してください。

今回の例で言えば、「Tokyo」がそれに該当します。

Town / City

「Town」や「City」という項目があった場合、これは市区町村の事を指しています。この欄には市区町村を入力してください。

今回の例で言えば、「Shibuya-ku」がそれに該当します。

Street address / Address

「Street address」や「Address」という項目には、住所をそのまま入力してください。

ただ、「Prefecture」「Town / City」といった項目にそれぞれの必要事項を入力していた場合、そのすでに入力した事項は、ここには入力しないでOKです。

今回の例で言えば、「#123 Mansion Shibuya , 1-2-3 , Yoyogi 」の部分を入力する形になります。

Address2

 「Address2」というような項目がある場合、この項目は任意の入力になるケースが多いですが、一般的には部屋番号や建物名などを入力する形になります。

ただ、前項で説明した「Street address / Address」の項目に部屋番号や建物名などを入力していた場合、この項目は未入力でもOKです。

Country

「Country」という項目がある場合、これは国名の入力項目となりますので、ここには「Japan」と入力するようにしてください。

First name

「First name」という項目には、荷物受け取り人の下の名前を入力します。「山田太郎」であれば、「太郎」の方を入力するという事です。

Last name

「Last name」という項目には、荷物受け取り人の名字を入力します。


最後に

以上が、英語での住所の書き方の解説でした。

最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくれば簡単に英語で住所を入力する事ができるようになりますので、まずはトライしてみてくださいね。

今回のnoteは以上となります。

それでは。


>コンテンツ一覧へ

>私が発行しているメルマガ講座について

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

輸入転売のノウハウ集

輸入転売で稼ぐためのノウハウやコツ、テクニック等をできるだけ分かりやすくnoteにまとめています。稼ぐ術を身に付けたいなら、ぜひ目を通してみてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。