海外から輸入して儲かる商品を探すリサーチの方法

どーも、ゆのきちです。

今回は「海外から輸入して儲かる商品を探すリサーチの方法」を説明していきたいと思います。

転売の業界では、「儲かる商品を探す」事を「商品リサーチ」と呼ぶのが一般的ですので、この商品リサーチという言葉に馴染みがなければ、この機会に認識しておくようにしてください。

さて、お話を戻しますが、商品リサーチによって儲かる商品さえ見つけてしまえば、利益は「ほぼ確定」と考えて差し支えありません。

なぜなら、儲かる商品を見つけたら、あとはそれを輸入(仕入れ)して、ヤフオクやアマゾン、メルカリなどに出品していくだけだからです。

「儲かる商品」であれば、たとえ出品の仕方が悪くても普通に売れていきますが、それが「儲からない商品」の場合、どんなに出品の仕方を工夫し、そのクオリティを高めていっても、まず売れることはありません。

つまり、儲からない商品はどう転んでも売れませんし、儲かる商品であれば、適当に出品しても売れてしまうのが転売というビジネスの本質なのです。

よって、その「儲かる商品」を見つけることができなければ、輸入転売ビジネスで稼ぐことはできませんので、これは非常に重要な部分です。

そういう意味では、転売ビジネスは「儲かる商品を見つけることが全て」と言っても過言ではありません。

その「儲かる商品の見つけ方」について、これからご紹介していくわけですが、今回は「eBay仕入れ→ヤフオク販売」という手法に特化した方法をお伝えしていきます。

以下のnoteでも説明している通り、「eBay仕入れ→ヤフオク販売」こそが輸入転売の最も基本的な稼ぎ方であり、初心者こそ、必ず一度は経験してほしい手法だからです。

>輸入転売をやってみたい!そんな場合、何から始めたら良いか?(執筆中)

というわけで、早速ですが、「eBay仕入れ→ヤフオク販売」という手法に特化して、儲かる商品を探す方法(商品リサーチの方法)を解説していきます。

それでは参りましょう。


海外から輸入して儲かる商品を探すリサーチをする際に必要なもの

まず、このリサーチを行なうのに必要なのが、以下の2つです。

・eBay
・オークファン

eBayから商品を仕入れる手法なので、リサーチにeBayが必要なのは分かると思いますが、もう一つ必要なのが「オークファン」になります。

オークファンとは、「ヤフオクでどの商品が、いつ、いくらで売れたか?」という、落札データを調べることができるサイトであり、このリサーチには必須です。

なぜなら、その落札データが分からないと、どの商品が儲かるか、というのも分からないからです。

オークファンの公式サイトは以下から確認できます。

・オークファン 公式サイト

ちなみにオークファンには、「無料会員」と「有料会員(月額980円)」の2種類があり、有料会員だと広告を非表示にできたり、より過去のデータまで参照できたりと機能が多彩なため、リサーチする上で効率が良いのは間違いありません。

ですが、最初のうちは、稼げるかどうかも分からないものに980円を払うのは抵抗がある人も多いと思うので、まずは「無料会員」でトライする形で大丈夫です。

無料会員でトライして、実際に利益が出せたら、有料会員にチェンジして、より上を目指していく方向で問題ありません。

というわけで、そのオークファンを活用して、「eBay仕入れ→ヤフオク販売」で儲かる商品を探す、具体的な方法をご紹介します。


オークファンを活用した、商品リサーチの方法

オークファンを活用したリサーチ方法にも、種類は様々あるのですが、今回は「カテゴリーリサーチ」という方法をご紹介したいと思います。

これは「儲かる商品が多く存在する商品カテゴリー」を重点的に深掘りし、儲かる商品を探していく方法です。

さて、その肝心のリサーチ方法ですが、このままnoteに書き綴っていっても非常に長くなってしまうため、私が別に運営しているメインブログの、以下のページにて解説する事にしました。


上記のページにて、画像付きで商品リサーチの方法を解説していますので、詳しくはこちら参照してみてください。

以上となります。

それでは。


>コンテンツ一覧へ

>私が発行しているメルマガ講座について

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

輸入転売のノウハウ集

輸入転売で稼ぐためのノウハウやコツ、テクニック等をできるだけ分かりやすくnoteにまとめています。稼ぐ術を身に付けたいなら、ぜひ目を通してみてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。