ネットビジネスの一つである国内転売とは、どんなビジネスか?

どーも、ゆのきちです。

ネットビジネスにおける「転売」には、主に2つの手法があります。

それが「輸入転売」と「国内転売」です。

輸入転売がどんなビジネスなのかは、以下のnoteでも言及している通りです。

そして今回のnoteでは、もう片方の「国内転売」について、「どんなビジネスなのか?」や「具体的な稼ぎ方」というのを説明していきたいと思います。

それでは参りましょう。


ネットビジネスの一つである国内転売とは、どんなビジネスか?

国内転売がどんなビジネスなのか、一言で表すとするならば、

「国内で仕入れて、国内で販売する」

というものになります。

一部の人たちは、この国内転売のことを「せどり」と呼んだりもします。

なので、「国内転売」も「せどり」も実際には呼び方が違うだけで、同じビジネスだという事を認識しておきましょう。

輸入転売が”海外からの仕入れ”であるのに対して、国内転売(せどり)は”国内からの仕入”れであるという点が、両者の違いです。

とはいえ、本質的には輸入転売も国内転売も、「安く買って、高く売る」という部分は一緒ですので、単に仕入先が違うだけで、他の部分に特に違いはありません。

ただ、輸入転売がインターネットで仕入れをするのが一般的であるのに対して、国内転売の場合は、

・実店舗仕入れ
・ネット仕入れ

というように、2種類の仕入れ方法が存在します。

そのあたり、もう少し掘り下げていきたいと思います。


実店舗仕入れ

これは文字通り、インターネットのショップではなく、「実店舗」に足を運んで仕入れるという方法になります。

その主な仕入先としては、

・ブックオフ
・TSUTAYA
・個人商店の店舗

などが挙げられます。

こういった実店舗に足を運び、主に「古本」や「中古CD/DVD」などを仕入れるというわけです。

実際、このような実店舗とインターネットでは、全く同じ商品でも価格に差がある事が珍しくないため、その価格差を狙って稼ぐということになります。

仕入れた商品の販売先は多岐に渡りますが、「ヤフオク」と「アマゾン」を販売先として利用する人が大半です。

では、次に「ネット仕入れ」の補足を行ないます。


ネット仕入れ

実店舗には出向かずインターネットで仕入れをするのが、この方法です。

ネットで仕入れると言っても、特定の「仕入れ業者」みたいなところから仕入れるということではありません。

もちろん、そういう仕入れ方をすることもありますが、それは上級者の行なう方法。

一般的には、普通に買い物するようなオンラインサイト(ショップ)から「購入」という形で仕入れることになります。

ですので、普段から買い物しているような楽天市場、アマゾン、ヤフオク、メルカリ・・・そういったマーケットから購入した商品を、再びインターネットの同じようなマーケット上で販売していくことになります。

たとえば、

「ヤフオクから仕入れて、アマゾンで売る」

「楽天市場で仕入れて、アマゾンで売る」

このような形で、商品を転売していくということです。

『そんな単純な方法で利益なんて出るの?』

と思うかもしれませんが、実は全く同じ商品でも、マーケットが違っただけで価格に差が生まれてくるものなのです。

ちょうど、以下のような感じですね。

【楽天市場にて4980円↓↓】

【アマゾンにて8424円↓↓】


この場合、この商品を楽天で購入して、アマゾンに出品すれば利益が得られる計算になります。

なお、このように価格差のある商品は他にも無数に存在するため、「同じようなマーケットで仕入れて、同じようなマーケットで売る」という事で普通に利益を上げていく事ができるのです。

さて、ということで、ここまでがネット仕入れに関する補足でしたが、これを踏まえた上で、

「どちらの仕入れ方法を実践するのがオススメか?」

について最後に言及しておきます。


実店舗仕入れとネット仕入れ、どちらを実践すべきか?

個人的にオススメなのは「ネット仕入れ」です。

なぜなら、ネット仕入れの方が安定して稼げる傾向にあるからです。

実店舗仕入れの場合、運が良ければ「掘り出し物」みたいな商品を見つける事で、大きな利益を得られることもありますが、毎回それがあるとは限りません。

仕入先として出向く店舗の在庫状況や入荷状況によって、収入は大きく変動してくるわけです。

運良く、儲かる商品がたくさん売られている実店舗が近くにあればいいのですが、そういう店舗はすぐにライバルが増えて飽和しちゃいますし、そもそもそういう店舗が近くにあるとも限りませんよね。

だからこそ、コツさえ掴めば比較的安定して稼ぐことのできる、ネット仕入れがオススメということなんです。

とはいえ、人には「向き」「不向き」がありますので、場合によっては実店舗仕入れの方が向いているなんて場合もあるかもしれません。

どの方法が稼げるのか、必ずそこには個人差がありますので、その点も踏まえた上で、どれを選ぶか判断してみてください。

ということで、今回のnoteは以上となります。

それでは。


>コンテンツ一覧へ

>私が発行しているメルマガ講座について

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ゆのきち@輸入転売ビジネス

ネットビジネスで起業して3年で気づいたら年商1億突破してました。このnoteではノウハウなどサラッと公開していきます。【ブログ】https://net-jiyu.com 【メール講座】https://note.mu/yunokichi/n/n9d330af5f6be

輸入転売のノウハウ集

輸入転売で稼ぐためのノウハウやコツ、テクニック等をできるだけ分かりやすくnoteにまとめています。稼ぐ術を身に付けたいなら、ぜひ目を通してみてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。