見出し画像

「俺はまだ本気出してないだけ」の反対

最初から結果を出す人というのがいます。

ファーストアルバムがいきなりヒットするミュージシャン。はじめて手がけたプロジェクトで大きな利益をあげるビジネスマン。処女作がベストセラーになる小説家。

そうしたスターたちを、やっぱりみんな「もってる」なあと思って眺めていましたが、ちょっと認識を改めるべきだなと思うことが先日ありました。

とある分野のトッププレイヤー(ぼくが言うと陳腐なことばになる)の方とお話しさせていただいたときのことです。その人もご多聞にもれず「いきなりヒット」の人だったのでそのことを「もってますよねー!」と評したら、

「どうですかね。当時も今も、『だっておれだよ?』と思ってるところがあるかもしれません笑」

という風におっしゃったんですよね。

ぼくは、成功は運と才能と努力の掛け合わせだと思っていて、たぶんその人も同じような認識なんです。ただそれでも、「おれが本気出せばちょっとしたヒットはそりゃ出せる」と言えるその自信と、その裏にある日々の研鑽に身震いしたひとことでした。

さらに言うとこの言葉は「まだ何も売れてない人は、才能か努力、どっちかが不足してるのだ」という風にも取れるわけで、そういう意味でも恐ろしい切れ味なんです。

「おれはまだ本気出してないだけ」の反対は、「おれが本気だしゃ売れるのは当然」なんですよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

32歳の編集者です。ツドイという会社の代表をやっています。滋賀県出身新宿在住。オフィスは神保町。

感謝です。トランプの数字は全部足すと364で、ジョーカー合わせて1年。
33

今井雄紀

編集者。 編集とイベントの会社「ツドイ」をやってます。つくる人の古本市 #ツドイ文庫 や、ノンアルコールバー #BarStraw もやってます。メールはこちら imai@tsu-doi.jp ツドっていきましょう。

株式会社ツドイのnote

コメント3件

本気出したら読モライターくらいなれるし、ていうかそんなもんで収まらないし、なんて考えちゃうけどやっぱり怖くなって時間とか諸々で言い訳して「本気出してないだけ」って自分に言い聞かせるの、そろそろ辞めたいです……。
あ!はじめまして、馴れ馴れしいコメント失礼致しました。
パラレル親方、エントリさせていただいたので、なにとぞ……!(賄賂コメント)
うおー 私、最近資格試験勉強してたんですが、残業なしで育児と家事したら勉強時間燃えかすになってしまい、試験を2回見送ったんですよ、そしたら友人(二児の父)が、「お前、1年受かってないんだろ?そりゃ向いてないか頑張ってないかどっちだぞ。状況を言い訳にできると思うのは本人だけだ。早急に諦めるか受かるかしないと、何かを失うぞ」と。。。
毎日2時間勉強時間を確保して、根性で受かりました。ほんと燃えかすになるかと思いましたが、そのおかげで仕事は入りました。えへ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。