見出し画像

自分を休ませるのが苦手

世間はお盆休み。私の会社には夏休みの制度がなく、入社したばかりで有給もないため、平常通り働いている。

人が休んでいる間に出社すると、電車の人が少なくてとても快適なことがうれしい。オフィスも人が少ない。人が休んでいる間に出社することに文句を言う人もいるが、私は人が少ないことを喜ぶ派だ。

とはいっても、ここ最近の気温の変化のせいと、考えなければいけないことが多くてパンクしそうになり、「わー!!」となったので、ここは気分を変えようと、ひとりラクーアスパに昨夜、月曜の夜から行ってみました。

お盆中だから空いているかな?なんて思っていったけれど、ちょうど関ジャニのライブが東京ドームであったようで、いつもより混んでいた。

それでも時間が遅かったので人はだんだん減っていき、ゆっくりできました。低温サウナでじーっと今作っている本のコピーについて考えていたら、いつもよりもアイディアがまとまってきて、満足。からだもリラックスし、頭もすっきりして終電1本前で家に帰った。

実はラクーアまでは地下鉄で一駅、歩こうと思えば歩ける距離に住んでいる。近いけれど、行ったのはまだ2回目だ。

でもこんなに簡単に気分が変わって、からだもリラックスできるなら、もっと頻繁に行ってもいいなと思った。ちょっとの行動でこんなに気分が変わることは、もっとやったほうがいい。

達成感を味わうのが好きなタイプなので、ついつい頑張り続けてしまうけれど、からだや心はやっぱり疲れている。

サウナで考えていた本のテーマも、頑張りすぎの人、ストレスを抱える人に、もっとラクに生きようよ、もっと休んでいいんだよ、というのものでした。どうしても想定する読者の気持ちは、自分の気持ちに重なる部分がある。だからこそ毎回、切実な気持ちで本を作っています。

ちょうど最近、転社してから1冊目の本が出来上がりました。スウェーデンでベストセラーとなり、世界22か国で翻訳され話題となった本の、待望の日本語版です。

www.amazon.co.jp/dp/4866510137

この本も、ストレスに悩む頑張りすぎる人のための本です。

ありがたいことに今週いっぱい、首都圏JRの車内広告にも掲載させていただいております。

最近疲れているなぁ、自分を大切にできていないなぁと思う方に届いて、心にそっと寄り添うえますように!

#読書 #コラム #日記 #編集者 #エッセイ
#仕事 #スウェーデン #北欧

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

いいことありますように!
51

ユリ(書籍編集者)

書籍編集者。人にやさしい本を作りたいです。散歩に最適な街から、人間味少なめの街へ引っ越しました。Photo by @yukitsunesumi(instagram)

体で考えて、頭で感じて、心で動きたい。

自分の感覚と世間の擦れに、たまに驚くマガジンの記事が100件になったので第2弾作りました。
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

私も休むのが苦手です。ラクーア気になってました、今度一人で行ってみようかと気分になりました!本も気になりますー^_^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。