脳で感じて楽しむ現代アート

現代アートって、どう見たらいいのかわからない、そんな風に思っていた時期が昔ありました。

ピカソとか、ダ・ヴィンチとか、有名な人の企画展を見に行くときは、「これがあの有名な〇〇か・・・、ふむふむ」なんて観に行っていたけれど、現代アートを見て、どう思っていいのかわからないなぁと思っていたことがあった。

地元だから横浜トリエンナーレとか昔からよくいってたのだけれど、どういう風に「思えば」いいのかわからない。そんな感じでした。

でもいつからか、現代アートを見るのがすごく好きになりました。たぶん社会人になってからな気がする。

死ぬほど当たり前だけど、絵とか作品をみたときに、「どう思うべきか」「どう鑑賞すべきか」なんてルールはまったくない。ただその作品をみて心で、脳で、からだで感じればいいわけです。

今日、汐留のパークホテルでやっているアートフェスに行ったのですが、それがものすごく面白くて、観ているだけでワクワクして、やっぱり言葉以外で心にうったえかけてくる絵とか物体って素晴らしいなと思いました。

私は絵をみて解説もなにもできないけれど、観たときに自分の心がどう変わるのか、それに素直に気づけるようになりました。

たまに読書感想文とか、作文とか書くのが苦手な人がいるけれど、「正解」があると思っているといつまでたっても書けないのかもしれません。「正解」なんてなくて、自分の心のままに書けばいい。

もちろん苦手な人は、それが苦手なのかもしれないけれど、それだったら文章を書く練習よりも、自分の気持ちに敏感になる、自分の心の動きに気づいてあげるように心掛けたほうがいいのかもしれません。アートを見て楽しむ方法も、同じだなぁと思いました。

パークホテルのアートフェスでは、アーティストの方が客室を一部屋まるまる自分の作品として仕上げた空間を、見学することができました。

http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/aih.html

実際に宿泊もできるようで、外国の方にも人気なよう。

現代アートって、同時代にいるアーティストによるアートだから現代アートなんですよね。例えば「ダ・ヴィンチの絵が日本にやってきました!」というように話題になることはないけれど、せっかく同じ時代に生きていて、アーティストの方とお話ししたり、小さい作品だったら買うことだってできるかもしれない。

現代アートを、もっと身近に楽しめる、感じられる機会が増えるといいなぁと思いました。自分の心のままに何か作品を楽しめたら、それは単なる消費ではなくて、とても豊かな体験だと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ!
53

体で考えて、頭で感じて、心で動きたい。

自分の感覚と世間の擦れに、たまに驚くマガジンの記事が100件になったので第2弾作りました。

コメント3件

こんにちは。大学で美術史を勉強している者です。ユリさんのこちらの記事を拝読して、そうそう!!と思い、とても嬉しくなりました。現代アートは難しいと思われがちますが、誰でも感じるまま、自由に解釈できるのが魅力でもありますよね。こちらでご紹介されているホテルのように、気軽にアートを楽しんでもらえる活動が増えればと願っています。
こんにちは。こんな昔の記事を読んでコメントくださりありがとうございます!美術史を勉強されているのですね。知識があるとまた違った楽しみ方ができそうですね!パークホテルはこういう現代アートを紹介するイベントを定期的にやっているようです。同時代のアーティストを応援できるのがいいなぁと思いました。
現代アートも現代が100年以上も続いているので多種多彩ですね。
抽象絵画の誕生とデュシャンの泉=便器から
一般的に現代アートの敷居が高く感じられるようですね。

私も現代アートをテーマにnoteを始めました。
ご高覧いただければ幸いです。
https://note.mu/ultimate_art
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。