日報

9
ノート

0190606/はてな・加筆

『レッド』を最終章まで読んで暫くして、『安住の地』を古書で買って読んだ。連載時に立ち読みをしていたけれど、当時新刊書で買うお金が無かったし、Amazonは使えなかった。つまり最近、Amazonの古書で安価に買ったのだ。(Amazonのリンクを貼ったらとんでもない高値が表示されましたが、数百円で買えます)

 初めて『ビリーバーズ』を読んで山本直樹に触れ、『BLUE』や『レッド』を読んだ感覚では、セ

もっとみる

0190627/ はてな

セブンイレブンで買ったパウチのじゃがいもスープをのみながら、あ、ヴィシソワーズ作りたいな、と思った。ヴィシソワーズは中学の家庭科で作ったことがあって、私は中学のあのときに作ったものはたぶん容易く作れるという傲慢がある。例えばホワイトソース。例えばわらび餅。料理は嫌いではない。たぶん、時間を掛けるほどの価値を見つけられないだけだ。

 通院。火曜に体調が悪く、家人Cさんに薬だけ受け取りにいって貰った

もっとみる

0190723 塚本邦雄の電子書籍ほか

たぶん数日以内までは値引き、或いは還元を実施しているので思い切って纏めて買った。電子書籍だと、すべてを携帯出来る。それが必要な本もあるわけだ。

 このなかで、『百句燦燦』だけは紙書籍で既読である。講談社文芸文庫は私にとって、購入に足踏みしてしまう値段なのだが、射たれるような文章に吃驚したので、内容に較べて値段は軽い、と考えて今日は纏めてkindleを買った。軽いとか纏めてとか書いているけれど、ポ

もっとみる

Hipstamatic006 /20150714 裁縫−2

今年の3月に姪が生まれました。弟夫婦の家のふたりめの子どもです。3月11日の震災黙祷の時間を過ぎた頃に生まれた子なので、取り敢えず希望をもってきた子だと思っています。

 で、生まれる前におくるみを縫っておこうねーっと思っていたのですが、時期を逸してしまったので夏掛けを縫いました。ミシンを台灣で買ってから初めて出したので下手くそな縫い目の部分があるのですが、姪はまだそういう粗探しをしないピュアな眼

もっとみる

Hipstamatic005 / 20150713 裁縫

Blytheという種類の頭がでっかくて目つきの独特な人形を大切にしています。ネオブライス、プチブライスと大きさが違うのですが、2012年頃(←適当)発売された、ミディブライスという又これも独特なお顔の子の浴衣を頼まれて縫いました。遅くなってしまった……。縫いものや編みものは、内職というほどでもありませんが、謝礼を頂いたり、若しくは友人の間柄で無料で作ることがあります。なんか普段忙しいけれど私の趣味

もっとみる

7月のハッシュタグ #海 20150607

先日、防府市のお家に帰る途中で海に行きました。家人が写真に凝っているのと、遠浅の綺麗な海を見たいと云うので。彼にとって海は幼い頃から慣れ親しんだ場所です。一方、京都で育った私は海に行ったことは殆どありません。(あと、泳げません)京都からいちばん近い海として遊びにいくのは琵琶湖でした。(実はそれは海ではありません)というわけで私は海があるだけで興奮して、色々なものを砂浜で拾うので忙しくなります。貝殻

もっとみる

Hipstamatic004 20150629

取り敢えず藻を飼いたいね、と家人と話していました。30歳になるまで一度も生き物を飼ったことのない私は(弟は2匹いました)もうここに至っては、犬も猫も何も、生命をそばに置いておくということが恐怖になっています。藻は、いいかも知れない。と、思いました。

 前に住んでいた家は、以前の住人が置いていった植木鉢が幾つかあって、折れてしまった枝を珈琲の空き瓶に立てて水を注いでおいたら、よく伸びてきました。可

もっとみる

Hipstamatic003 0608

何気に詩誌『二日酔いのモナムール』の朗読が流行しているような気がします。にゃんしーが朗読した件、牟礼鯨の朗読の件、小柳日向がお家で朗読しているとtwitterで教えてくれた件。

 にゃんしーさんは全体を朗読してしたらしいのですが、泉由良作品は読めない、とのことで、それは何故かと問うとメンタリズムが違うからだそうです。少女とか云われましたが、最近アラサー(?)なので少女地味た空気を匂わせてしまう自

もっとみる

Hipstamatic002 0150607 / 福岡ポエイチ

0606 桃園空港から福岡空港へ、福岡ポエイチに向かいました。日表造形社さんちの詩誌『二日酔いのモナムール』に参加していたことが主な理由です。夜に参加者、売り子嬢、朗読猫詩人の家人で打ち上がり大変好い時間でした。

0607 福岡から防府へ向かいました。(写真1・関門海峡大橋)防府は航空祭の日でブルーインパルスが飛んでいたあとでした。海の写真が撮りたい猫詩人家人と海に行きました(写真2・貝殻)京都

もっとみる