text / poetry usw.

9
ノート

思い出したこと。

重度障害の参議院議員が登院するに当っての経緯があり(割愛)、障害者は社会から差別されているんです。というような文言や当事者のtweetにここ数日出合い、或ることを思い出した。いや、忘れてはいなかった。これは誰にも打ち明けたことの無い、治らない瘡蓋みたいな記憶で、参議院選のあとから何かこのことを書こうとして、書いては消している。

 ちなみに、「障害者」なのか「障がい者」なのか「障碍者」なのかは、自

もっとみる
【少女漫画少年漫画♪】
22
【絵本は好きですか? ありがとう】
6

0190606/はてな・加筆

『レッド』を最終章まで読んで暫くして、『安住の地』を古書で買って読んだ。連載時に立ち読みをしていたけれど、当時新刊書で買うお金が無かったし、Amazonは使えなかった。つまり最近、Amazonの古書で安価に買ったのだ。(Amazonのリンクを貼ったらとんでもない高値が表示されましたが、数百円で買えます)

 初めて『ビリーバーズ』を読んで山本直樹に触れ、『BLUE』や『レッド』を読んだ感覚では、セ

もっとみる
【放課後って好きだった? ありがとう、またね】
9

合評会に出した詩(1)

真魚を抱きしめていたい
                  泉由良       2019/05/25

  1

あまりに烈しい空に
傘を閉じて歩いた
誰かが泣いている
無視するにはあまりにも近しく
慰めようにもそのひとの居場所も知らない

旅路だと想定しながら家路を辿った
家(home)ではないくせに
住所(address)はある
だからいつまでも帰れない
旅とは、如何すれば、何処に、誰が?

もっとみる
【みんなの歌は誰の歌? ありがとう】
5

はてな題詠2017年4月分(転載)

5月分の題詠をブログに載せたら転載する筈が滞っていました。

はてな題詠「短歌の目」2017年4月 - Komma usw. http://buff.ly/2u9bs0H

題詠5首

1)皿
皿皿皿皿割つた破片を掃けよきみ今も諧謔は燻るね

2)幽霊
飲食店こゝろが煤け幽霊の眼で嘘の座り方する

3)入
雨は唯ふれば降るだけ西日から入り日なみだは泣けば泣くだけ

4)うそ
血が出たり皿が割れたり

もっとみる
【円盤ゆ〜とぴあ】
5

はてな題詠2017年3月分(転載)

4月分更新したので、3月のをこっちに掲載しておきます。

はてな題詠「短歌の目」2017年 3月 - Komma usw. 

題詠5首
1)草
仮の名を早苗と名付けた晩冬が今は「草子」と名乗ってわらう

2)あま
「終わりだけゆめみてた」四年前の日々「あまい」を歌った四月ばかりの

3)ぼたん
葉ぼたんをキャベツのサラダに飾るなら花のぼたんはディナーのメイン

4)鳥
鳥の眼が飛び去ったあとの冬

もっとみる
【小さな丸い好日〜♪ ありがとう】
4

詩・投げ銭 / 本文は最後までご覧頂けます

霜月の公園

公園は曇った木曜日
桃色遊具や水色ブランコ
そして多角的すべりだい
静かに素早くシャッタを切る
閉じ込める四角いフレームに

公園は曇った木曜日
ことりが一斉に飛び上がって
わたしは静かにおどろいた
さっとカメラを向けても
鳥たちはもういない

公園を横切って
商店街に入る
昼間なのに街灯が点いているのは曇りだから
丸い街灯
丸い街灯 ぽわ、ぽわ、ぽわん
まるで
蛍が飛んでいるみたい

もっとみる
【小さな丸い好日〜♪ ありがとう】
2

詩・投げ銭 / 本文は最後までご覧頂けます

「都会の子ども」

道路の混雑は常のことなので不注意だった
出会いがしらに誰かにぶつかって
その男は手にしていたスポーツ新聞を取り落とし
ざーっと活字が傾れこぼれ落ちて
スクランブル交叉点じゅうに広がってしまい
警官たちが整備にやってきた
特に誰も気にしない
数人の警官は往々にして登場するものだし
活字を踏んで靴の裏を汚さないようにと
ただそれだけを気を付けて足早に皆それぞれの目的の為に歩く
目的

もっとみる
【夢みる惑星〜♪ ありがとう】
1

psqs#005「晩餐会のトランプ」

晩餐会のトランプ

 有りがちな逡巡と疑問符/五線紙を灼くセンシティヴ/サディスティックディスカッション/三角錐とミサンガ/
 ほんとうに当人達は知らぬを決め込むランプ/日陰に落とすトランプ/残骸遺す火山灰/晩餐会の散会後、/
 この子はもう、返しません。

【テレパシ〜。ありがとう、またね】
1