はてな題詠2017年7月分(転載)

2017年7月のはてなブログ題詠記事の転載です。(一応投げ銭を設定しておきます)

題詠5首

1)透
透けることそれが命のかげならば花を添へたり笑つてみたり

2)ホイップ
ホイップが一番電車に乗つた頃きみは花を摘んで裂いてゐた

3)果
夏は死ぬ突然死ぬる把えても冷凍庫の中で果ててゐる

4)ペンギン
街を過ぎあそこにゆけばペンギンが見られたらしかつた、ここは夜

5)短夜
短夜の与り知るところではないがここにも人がひとりゐたこと

テーマ詠「あつい」

重ならぬ入道雲よ延びてゆけ私のあついとあなたのあつい

扇風機 風と向き合ふだけのこと、風とは空気、空気に温度

冷房のくるくる回る日々のなか私に熱を、熱をください

高熱がインフルエンザでない街に陽射し刺す人たちはまばら

暑い夜厚い本を読む夜あつい言葉を刻め刻み突きゆけ

(この記事はこれで以上です。短歌の本を買う勉強の為に投げ銭設定をしています。お好きな短歌が見つかったら、投げ銭をお願い致します)

→こちらもご一考ください。|15円から出来る投げ銭 kampa!

 以下の部分は内容はありません。投げ銭設定です。ではでは。

この続きをみるには

この続き:0文字

はてな題詠2017年7月分(転載)

泉由良

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

【スキはコメントとおんなじくらい、ありがとう】
6

泉由良

短歌とか

短歌題詠と、お借りした短歌から画を描く。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。