見出し画像

泣いたカラス

数日前に、次女が「学校行きたくない」病を発症…

明日は休む!と、泣き出し、私が「うーん」と悩んでいると、パニック泣きになり、バタバタ暴れる…(普段はこんなにパニックにはならないのですが)

よくよく聞くと、仲の良い子が、インフルエンザか何かでしばらく休んでるらしく。

頼れる人がいなく、不安で寂しいとのこと。

広く浅く…ってタイプじゃないので、いつも同じ娘と遊んでるんだなぁ。

念の為、学校に相談すると、養護の先生が、いつでも保健室に遊びにおいでボーッとしに来るだけでも歓迎!と言ってくださり。うちの子の過敏な性格の話を聞いてくれて、「どんな些細なことでも相談してください」と、言われ、少しだけ心が軽くなりました。

担任の先生もまたお優しく…「ひとりで寂しそうなところを見たら、それとなく話しかけますね!安心してください!」と…

私自身、あまり友達が出来なかった時期があり、そのときは足繁く校内の図書室に通っていたので、そういう経験も悪くないかな?なんて思いますが… (ひとりでも恥ずかしくない!と思えることも大事)

とにかく周りの人たちに恵まれ、次女は休むことなく学校へ行けています。彼女の人徳だとも思うし、私も頑張ってる!と思うし、有り難いことだなぁと感じています。

彼女から見えている景色は、今とても狭い世界だと思うので、今は広ーい景色を見せてあげたいと思っています。

学校と家だけではない世界。

色々な人がいるんだよ。と教えてあげたい。

それにしても、あんなに大泣きしたカラスがもうケラケラと笑っています。

母さんはそんな娘に振り回されないように…

毅然とした態度でどーんと構えていたいな。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

ゆら

Monotone diary…

子育てのこと

長女のこと、次女のこと、家族のこと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。