見出し画像

怒りのもとはなんだろう

怒りのもとはなんだろう。

結婚して1年半くらい。
わたしたち夫婦は遠距離結婚をしている。旦那は東京、わたしは瀬戸内海の島に住んでいる。

最近、わたしはとてもイライラしていた。人生30年の中で、あまり他人に自分のイライラをぶつけることはなかったのだけど。

なぜか、旦那にだけイライラ爆弾を落としがち。

遠距離だから、わたしたちのコミュニケーションツールはLINEと電話。

最近は全然だめ。
旦那の声が聞きたいなぁと甘い脳内状態で電話をしたのに、なぜかイライラしてしまって、イライラ爆弾を投下して旦那を攻撃しまくり、とても嫌な感じの電話になってしまう。
普段は気にならないような、旦那の些細な言動をひとつひとつ責めてしまってた。

遠距離だと仲直りするタイミングが難しい。仲直りしたくて、電話して、またイライラ爆弾投げつけて、そんなことの繰り返し。
これはやばい。


深夜1時23分。
イライラ電話を切り、今日もトゲトゲしてしまった自分にへこんでいた。

ふと、冷静に自分の心に問うてみる。

わたしがしたいことはなんだっけ。
旦那と笑っておしゃべりしたい。

最近、仕事が忙しくて疲れてた。
旦那との予定があわなくて、会えなくて寂しい。

「疲れた」と「寂しい」
イライラの原因は、わたしの中にあったみたい。

自分に余裕がないと、いつもなら気にならない些細なことに、わざわざイラついて、イライラをぶつけることで、気にかけてほしかっただけなんだ。

本当は、結婚式の打合せの予定が決まらないことに怒っているわけじゃない。
本当は、電話の時間に遅刻したことに怒っているわけじゃない。

気にかけてほしかっただけ。
ただそれだけ。

なんて、わかりづらい自分の気持ち。

こんなに理不尽に振る舞う自分が初めてだ。

寂しさを怒りで表現したのも初めてだ。

怒りの先には、寂しさがありました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!とってもうれしいです( ´∀`)
5

たけだ ゆり

ここは日常の記録。たおやかな人でありたい。東京から瀬戸内海の島に引越して、暮らしはじめて2年半くらい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。