フルーツについて考える

私の頭の中のあれこれ(3)2018年9月号

ベジタリアンからローヴィーガン(ローフードのヴィーガン)になって、フルータリアンに近いようなことも試してみたりしたんだけど、
そこで改めて、現代のフルーツについて色々思うことがあるのです。

動物も魚も、基本的には食べられたくはない。
植物だって、葉っぱや根っこや種にあたるナッツや豆を食べられたら生命にかかわるので、やっぱりできれば食べられたくない。

でもそんな中で、生き物自らが、他の生き物に「どうぞ食べてください」と用意してくれてるのが、フルーツ(果肉)と花の蜜だと思うのです。

が、そのフルーツ、実際にそれをメインで食べ続けてみたら、ちょっとした違和感にたどり着きました。

このマガジン内の全ての記事、読み放題で300円:毎日新記事追加中
YURIAの発行中マガジン
アメリカやヨーロッパでのLIVEツアー記や、超ナチュラル&シンプル&ミニマルな暮らし、日々のエッセイなど、いろいろあるよ。→こちら

この続きをみるには

この続き:2,144文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
他では深く語らなかった私の頭の中のあれこれを、ほぼ毎日更新でお届けするエッセイ。アメリカでのミニマム&シンプルな暮らしや、海外でのROCKバンド活動の裏側?など。

ROCKバンドでの渡米&LIVEツアー敢行中に日々思うことを、ほぼ毎日更新でお届け中。アメリカでのミニマムな暮らしや、ツアーの裏話やス...

または、記事単体で購入する

フルーツについて考える

Yuria

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アメリカLIVEツアー中の現在も チップ等のサポートに本当にいつも物凄く助けられています。 日本ではなかなかライブできてないですが ここnoteにて、近況やライブレポなど 様々なことを各マガジンで随時更新しています。 もしこの活動も応援してもらえたなら とても嬉しいです。

光栄です
4

Yuria

[私の頭の中のあれこれ(3)2018年9月号]

ROCKバンドでの渡米&LIVEツアー敢行中に日々思うことを、ほぼ毎日更新でお届け中。アメリカでのミニマムな暮らしや、ツアーの裏話やスピンオフ的な話、音や食や美と健康、そして人生などについて考えるエッセイ。他では深く語らなかった私の頭の中のあれこれ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。