yuri

ファッションを中心に書いています

0009 時代に適応した新たなファッションデザインの構築について

これまでキコ・コスタディノフに関する記事を中心にほぼ自己満的に書いてきたが、今回はより一般的なファッションデザインそのものの話について書こうと思う。題名は「時代に適応した新たなファッションデザインの構築について」である。これを語る上では多くの前提を話さないと伝わらないことがほとんどであると予感しているが、ここは初期衝動を大事にしていきたいので、まずは勢いだけで書いていこうと思う。それを公開した後に

もっとみる

0008 FUZE対談 「階級、民族、格差ーーさまざまな「壁」を創造性に反転させる新世代ロンドン・ファッション、その最前線」

この度、ウェブメディアFUZEにてSintaさん(Double Clapperz)とロンドンファッションについて対談した記事が公開された。

 本記事はグライムDJとしてロンドン含め国内外で活躍しているSintaさんとともに、それぞれの視点からロンドンの、主にメンズファッションシーンについて対談している内容となっている。田中宗一郎氏を司会に、都内某所にて収録された本対談は、私の支離滅裂な語りにも関

もっとみる

0007 キコ・コスタディノフ "00012016" AW16 レビュー

一つ前の投稿でキコ・コスタディノフの学生時代の作品の考察を一通り書けたので、ここからはブランドとして発表したコレクションのレビューを順に書いていこうと思う。第一回目は無題("Untitled"と洗濯表示タグに記されている)のファーストコレクション「00012016」について。

-

キコ・コスタディノフ AW16 レビュー

ファーストシーズンの商品企画
 2016年7月9日にDSMにて、201

もっとみる
ハートありがとうございます!他の記事も是非読んでください!
6

0006 キコ・コスタディノフ BA&MAコレクション

キコ・コスタディノフ BA&MAコレクション

 この度、再度加筆を行いver.4にアップデートしたことをここに記す。今回の更新ではMAコレクションのイメージビデオを追加した。そちらの部分だけ有料化して公開するので、これまでの内容はこれまで通り無料で読めるのでご安心を。それでは。 

-

 三度目にして最大の加筆を行ったので、冒頭で記しておく。これまでBAコレクションに関する記事だけを公開してい

もっとみる
取り上げを希望するデザイナーなどがあれば、ぜひコメントください!
20

0005 キコ・コスタディノフ:Stussyコラボレーション

しばらく期間が空いたが、また2053のメモから少しずつ書き出して行く。今回は画像を多めに、文字量はいつものように3000字を目安として書いた。今後はよりコンスタントに、より手軽に書いていく習慣を身に着けていければと思う。

キコ・コスタディノフ:Stussyコラボレーション

 一番最初の記事「0001 キコ・コスタディノフ:アイトア・スループとアクロニウムの系譜 1」ではキコ・コスタディノフ(K

もっとみる
取り上げを希望するデザイナーなどがあれば、ぜひコメントください!
3